▽J1の広島は7日、J2の山形から韓国人MFキム・ボムヨン(25)を完全移籍で獲得したと公式サイトで発表した。

▽2013年に建国大から山形に加入したキム・ボムヨンは、卓越した走力とスタミナを武器に左ウイングバックのレギュラーとして活躍。今シーズンはJ1リーグ27試合に出場して2ゴールを記録していた。広島では本職の左ウイングバックに加えて、元クロアチア代表MFミハエル・ミキッチの去就が不透明な右ウイングバックでのプレーも期待される。

▽広島への加入が決定したキム・ボムヨンは、新天地での意気込みを語っている。

「夢であったサンフレッチェ広島という伝統あるチームに加入できたことを光栄に思います。去年、クラブは素晴らしい結果を残しましたが、今シーズンはもっと良い結果が残せるよう、自分の全てをサンフレッチェに捧げようと思います!よろしくお願いします! 」

▽一方、プロキャリアをスタートさせた山形の公式サイトではサポーターに向けて別れの挨拶をしている。

「この様にしか挨拶をできなかった事を本当に申し訳なく思っています。サンフレッチェに移籍することになりました。本当に暖かく深い愛で僕を応援してくれた皆様の声援を忘れません。初めて僕をプロにしてくれたモンテディオ山形のフロント、コーチングスタッフ、チームメイト、そしてつねに応援してくれたサポーターの皆様に本当に感謝しています。皆様のお陰でここまで成長する事ができたと思っています!もう一度成長するために僕は挑戦をしようと思います。自分勝手とは思いますが、皆様の応援が貰えるなら本当に幸せ者ですし、もっと頑張れます!僕はどんな時でもモンテディオ山形を応援しています!J1昇格を心の中から祈っています。本当に3年間ありがとうございました」