ILIPSのイメージ図。従来のリモート監視システムにビッグデータ解析による故障予兆検知などを追加したことで、故障の未然防止から復旧時間の短縮などが可能(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 IHIグループのIHI物流産業システムは6日、同社の自動倉庫や工場のFAシステムの保守事業において、IoT情報などのビッグデータを活用した新システムを開発し、本格稼働したことを発表した。

 ILIPS(IHI group Lifecycle Partner System )と呼ばれる新システムは、クラウド型設備保守支援サービスとして提供され、作業履歴情報やセンサーデータから得た情報をビッグデータ化し、解析することで、従来の遠隔監視サービスでできなかった故障の予兆把握&未然防止を可能にしている。

 これにより、自動倉庫や工場のFAシステムでの突然の機械トラブルを抑制し、突発的な停止に伴う各種費用の削減や、故障する前段階での計画的なメンテナンス、定期点検の効率化などが期待される。

 また、IHI物流産業システムでは「お客様向けポータルサイト」を開設し、設備の稼働情報やメンテナンス履歴などを提供して利便性も向上させている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVIデータベース