1月7日、東京・ワーナー・ブラザース映画にて、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』応援団就任イベントが行われ、バットマン役としてメジャーリーガーの川崎宗則選手が、スーパーマン役としてサッカー日本代表・槙野智章選手が貴重なコスプレ姿で登場しました。


『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』は、名作『ダークナイト』で知られるクリストファー・ノーランを製作総指揮に迎え、世界で最も有名な2大スーパーヒーローによる夢の競演、そして対決を描いた物語です。


この日初対面だったという二人ですが、登場した瞬間から乗りがぴったり。

槙野選手が「川崎選手をTVで見てましたし、自分の中では絶対マッチすると思っていて、今日のイベントをずっと楽しみにしていました」と言えば、川崎選手も「前世で会っています。初めましてじゃないと思う。サッカー大好きだし」とラブコールの応酬。


槙野選手は印象的な七三ヘアがスーパーマンと似ていることから今回の応援団にも就任されましたが、そのこだわりヘアについて、「この髪に出合って5年ですけど、雨にも負けない、風にも負けない、ヘディングにも負けない! 崩れることはないですね」と悠然の微笑み。


では実際にプレーをしてもらうということになり、槙野選手は華々しく2回ほどヘディングを実践しました。


しかし、その髪型は崩れることはなく、川崎選手も「崩れると思ったけど、すごい」と目を丸くしていました。


さらには、新年のイベントということもあり、今年の抱負を書初めで表現。

川崎選手は「チェスト」の文字。理由を「鹿児島の言葉ですけど、明日からも前を向いてがんばろという決意です」と、地元愛を見せていました。


一方、槙野選手は「MVP。宗徳・ブルージェイズ・プレイヤーですよ(笑)」とふざけた後、「マキノ・ビクトリー・パートナーです! いいパートナーを今年は見つけようじゃないかと。ピッチを離れたところでも結果を残そうと思います」と、恋人募集を匂わせました。


イベント終了後の囲み会見で、槙野選手は好みのタイプについて、「サッカー選手といえばモデルさん、野球選手といえば女子アナウンサーというのがありますけど、職種は関係ないです(笑)。可愛い女、綺麗な女はたくさんいますけど、本当にいい女がいい。元気な女性が好きだな。女性に一番求めるのは、僕の後ろじゃなくて、一緒に横に歩ける人なんです」と熱弁していました。

次に槙野選手が射止める女性が楽しみですね!


映画『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』は3月25日、日米同時公開。

【関連記事】

※ 広末涼子、一青窈の美声に感動のあまり涙ぐむ「胸がいっぱいになりました」

※ 三浦翔平、好青年役に挑戦!「いい感じの三角関係を…」と意気込みを語る

※ 西島秀俊は3位!2015年「独身女性が抱かれたい男」ランキング

※ 流暢な英語を披露したマギー、川崎選手を前に「野球選手って素敵、格好いい」

※ 【東京ディズニーシー】今年は緑と赤!大人気の「コレクションドールセット」発売に