写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●下半期は木星・火星探査が進展
探査機「ニュー・ホライズンズ」による冥王星の観測や、「ファルコン9」ロケットの着陸成功など、さまざまな話題にあふれた2015年が幕を閉じた。そして2016年もまた、数多くの興味深い宇宙開発の話題が待ち構えている。

今回は、今年予定されている数多くのロケットの打ち上げや探査機の活動などの動きの中から、特に注目したいものを紹介する。前回の上半期編( “” )に引き続き、今回は7月から12月の下半期と、また具体的な日時は不明、あるいは決まっていないものの、今年中になんらかの動きが予定されているものもご紹介したい。

なお、日時はすべて1月7日時点での予定に基づくものであり、今後延期される可能性もあるので、ご留意いただければと思う。また文末に、ロケットの打ち上げ予定を掲載しているWebサイトを紹介しているので、最新の情報はぜひそちらをご参照いただきたい。

○7月4日: NASAの木星探査機「ジュノウ」、木星に到着

2011年8月5日に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の木星探査機「ジュノウ」が、5年間の航海を経てこの日、目的地である木星に到着する。

これまで木星は、「ガリレオ」や、また土星探査機「カッシーニ」が木星の近くを通過した際などに観測が行われているが、これらは木星とその衛星からなる木星系を理解することに主眼が置かれていた。しかしジュノウは木星そのものを徹底的に探査することを目指している。

ジュノウはまた、木星より遠くへ飛ぶ探査機では初めて、放射性同位体熱電気転換器(RTG)ではなく、太陽電池を使って電気を作っている。

観測期間は約1年が予定されており、運用終了時には生命が存在している可能性のある木星の衛星に墜落しないよう、木星に落とされることになっている。

○9月3日: NASAの小惑星探査機「オサイリス・レックス」、打ち上げ

「オサイリス・レックス」はNASAの小惑星探査機で、小惑星「ベンヌ」から石や砂などのサンプルを持ち帰ることを目的としている。

探査機は打ち上げから約1年後に地球をスウィング・バイして加速し、2018年8月に小惑星ベンヌに到着する。そして観測やサンプル採取を行った後、2021年3月にベンヌを出発し、2023年9月に地球に帰還する予定。なお、地球に帰ってくるのはサンプルが入ったカプセルだけで、探査機本体はさらに別の天体へ行って探査を行う可能性もあるという。

ミッションの目的や工程は、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」に似ているが、オサイリス・レックスはより多くのサンプルを持ち帰ることができる。一方、「はやぶさ2」はサンプルを収めるコンテナを複数持っており、採取した場所によってサンプルを分けることで、きめ細やかな分析ができるようになっている。

○9月30日: 彗星探査機「ロゼッタ」が運用終了、彗星の地表に着陸

2014年にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の探査で話題となった欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機「ロゼッタ」がこの日、ミッションを終える。

ロゼッタは最後に、彗星の地表への着陸を行うことが計画されている。ただ、ロゼッタは着陸できるようには造られていないため、衝突にも近い捨て身の着陸となる。これには安全、確実に探査機を処分するという意味もある。

彗星への着陸はロゼッタに搭載されていた小型着陸機「フィーレイ」がすでに実施しているが、ロゼッタはより強力な観測機器をもっているため、着陸するまでの彗星地表に徐々に近付いていく間に、フィーレイよりさらに詳細で大量の、画像などのデータが得られることが期待されている。

○10月19日: 火星探査機「トレイス・ガス・オービター」火星到着、着陸試験機「スキャパレッリ」は火星地表への着陸に挑戦

今年3月14日から25日の間に打ち上げが予定されている欧露の火星探査機「エクソマーズ2016」が、予定どおり打ち上げられれば、この日火星に到着する。

エクソマーズ2016は火星のまわりを周回する「トレイス・ガス・オービター」と、火星地表への着陸技術を実証する「スキャパレッリ」から構成されており、両者は合体した状態で打ち上げられて宇宙を航行し、火星到着の直前で分離され、トレイス・ガス・オービターは火星周回軌道に、スキャパレッリは火星の大気圏に突入し、地表へと降り立つ。

火星到着後、トレイス・ガス・オービターは約7年間にわたって運用される予定となっている。一方のスキャパレッリは着陸技術の試験機であるため、火星地表での活動帰還は3日程度しか予定されていないが、着陸で使われた技術や、得られた知見は、2018年に打ち上げが予定されている「エクソマーズ2018」の着陸船と探査車(ローヴァー)で活用されることになっている。

またトレイス・ガス・オービターは、そのエクソマーズ2018と地球との通信の中継役も務めることになっている。

●時期未定:米国の小型シャトルの試験飛行、強化型イプシロンの打ち上げも
○時期未定: 小型シャトル「ドリーム・チェイサー」の滑空試験飛行

スペース・シャトルのような翼をもっていることで知られる宇宙船「ドリーム・チェイサー」を開発している米国シエラ・ネヴァダ社は今年、ドリーム・チェイサーの滑空飛行試験を実施することを計画している。

ドリーム・チェイサーはもともと、国際宇宙ステーション(ISS)への宇宙飛行士の輸送に使う商業用の宇宙船として開発されていたが、競作でボーイング社、スペースX社に敗北。しかしその後も、自社資金を使って開発を続けており、現在は他国の宇宙機関や企業への売り込みや、NASAが計画しているISSへの物資の商業輸送契約の受注を狙っている。

同社は昨年10月に、2016年の前半に滑空飛行試験を行い、また実際に宇宙を飛ぶことができる機体の製造を進めていると明らかにしている。ただ、その後情報はなく、具体的な実施日時などは現時点では不明である。

○時期未定: 中国の大型ロケット「長征五号」初打ち上げ

中国は昨年、新型の小型ロケット「長征六号」を打ち上げ、また今年4月ごろには、エンジンなどを共有する中型ロケット「長征七号」の打ち上げも予定されている。そして、エンジンなどを共有する大型ロケット「長征五号」もまた、今年中の打ち上げが予定されている。

長征五号は地球低軌道に最大25トン、静止トランスファー軌道に最大14トンの打ち上げ能力をもち、現在運用されているロケットの中で最も打ち上げ能力の大きい米国の「デルタIVヘヴィ」やロシアの「プラトーンM」に匹敵する性能となる。

中国はこれを、大型の人工衛星、とくに宇宙ステーションのモジュール(構成要素)や大型の惑星探査機の打ち上げに使うことを計画してている。

○時期未定: 「ドラゴンV2」宇宙船、ロケットからの脱出試験と無人での初飛行

昨年末にロケットの着陸成功で話題になったスペースX社だが、同社は先進的なロケットだけではなく、先進的な宇宙船「ドラゴンV2」も開発している。ドラゴンV2は最大7人の宇宙飛行士を乗せ、ISSとの往復が可能なように造られており、いずれは火星への飛行や、さらには火星の地表への着陸も可能になるという。

ドラゴンV2は昨年5月に、宇宙船のみでの脱出試験を実施し、成功している。これにより、打ち上げ直前の段階でロケットが爆発するなどしても、宇宙船と中の宇宙飛行士が安全に脱出できることが確かめられている。しかし、実際に宇宙に打ち上げる前には、飛行中のロケットに問題が起きた際にも安全に脱出できるかどうかを実証しなければならない。

本来ならその試験は昨年のうちに行われるはずで、すでに試験用のロケットの準備も完了していた。しかし6月に「ファルコン9」ロケットが打ち上げに失敗したことや、その後の改良などが優先されたため延期され、今年のどこかのタイミングで実施されることになっている。

○時期未定: 「イプシロン」ロケット2号機、ジオスペース探査衛星「ERG」を打ち上げ

2013年9月14日に華々しいデビューを飾った日本の新型固体ロケット「イプシロン」。その2号機が今年、ジオスペース探査衛星「ERG」を搭載して打ち上げられる予定となっている。

このイプシロン2号機は、正確には各所を改良して打ち上げ能力を高めた「強化型イプシロン」となる。もともと2013年に打ち上げられた試験機の性能ではERGを打ち上げられなかったため、性能向上に向けた取り組みが行われていたが、別に進められていた改良計画などと統合されるなどの紆余曲折を経て、現在は「強化型」と名付けられた改良計画が進んでいる。

また2016年度中には、イプシロンの3号機で小型の地球観測衛星「ASNARO-2」の打ち上げも計画されている。

○時期未定: 中国の新しい宇宙ステーション「天宮二号」と有人宇宙船「神舟十一号」、新型補給船「天舟」の打ち上げ

中国は2003年に楊利偉宇宙飛行士が乗った「神舟五号」の成功で、ソヴィエト、米国に続いて、世界で3番目に有人宇宙飛行に成功した国となった。その後、2005年の「神舟六号」では2人の宇宙飛行士を宇宙へ送り、2008年の「神舟七号」では3人の宇宙飛行士が搭乗し、さらに宇宙船の外に出る船外活動(宇宙遊泳)を実施した。

2011年には小型の宇宙ステーション「天宮一号」を打ち上げ、同年に無人の「神舟八号」によるドッキング試験を実施した後、2012年には女性1人を含む3人の宇宙飛行士を乗せた「神舟九号」を、2013年にもやはり女性1人を含む3人の宇宙飛行士を乗せた「神舟十号」を打ち上げ、天宮一号での滞在、宇宙実験などを成功させた。

そして今年、中国は次の新しい宇宙ステーション「天宮二号」の打ち上げを計画している。天宮二号が無事に軌道に乗れば、有人の「神舟十一号」がドッキングし、ふたたび中国人宇宙飛行士が宇宙に滞在し続けることになる。また無人の補給船「天舟」の開発も進んでおり、今年から来年の間のどこかで打ち上げられ、天宮二号とドッキングする予定となっている。

中国は2020年代を目処に、ソヴィエト/ロシアが運用していた「ミール」ほどの規模をもつ大型の宇宙ステーション「天宮」の建造を計画しており、天宮二号や神舟十一号、そして天舟が成功するかどうかが、実現に向けた大きな鍵を握っている。

【参考】




(鳥嶋真也)