小林可夢偉インタビュー@後編

 日本最高峰のスーパーフォーミュラ(SF)に参戦した2015年の小林可夢偉は、未勝利に終わった。しかし、厳しい条件のなかで自分の腕を再確認してもいた。

 一方で、可夢偉が国内レース復帰を決めた最大の理由は、「日本のモータースポーツを盛り上げ、社会的地位を向上させたい」という思いに駆られたからだった。それがレースを目指す後進たちのためになると......。SFでもがいた1年は、レースを盛り上げるための1年でもあった。

 そんな可夢偉は2016年、どこに向かおうとしているのだろうか? SFへの思い、そしてF1に対する今の心境を聞いた。

―― バトルが少ないSFのなかで、可夢偉選手だけはあちこちでバトルをして、オーバーテイクを見せていたのが印象的でした。それは、レースを盛り上げようと意識的にやっていた?

小林可夢偉(以下:可夢偉):いや、それはないです。レースやからバトルがあって当たり前やと思うし、レースってみんなそれを観に来てるんやと思うし。第3戦の富士みたいにタイヤがズルズルで、「ちょっとカッコ悪いな」と思っても、一生懸命、頑張らなあかんなと思いますから。

―― 最終戦の鈴鹿のレース2でも、ブレーキを温めすぎて火が出たということで最後尾スタートにされながら、そこから雨のなかで怒濤の追い上げを見せました。

可夢偉:最初は腹が立って「もう帰ろうかな」と思ったくらいやし、やる気もなかったんですよ(苦笑)。でも、そんな状態で走ってたらアホらしくなってきて、後ろをついていくのも嫌になったんで抜きまくりました。なぜか知らないけど、ウチのクルマは雨は良かったんです。タイヤを付け替えて車高をウェット寄りに調整したくらいで、特に何もいじってないんですけどね。まぁ、そもそも僕の人生でウェットコンディションで遅いことはなかったんで、自信を持って走れました。

―― ドライバーたちは一生懸命に走っているんでしょうけど、外から見るとSFのレースはバトルが少なくて退屈に見えてしまいます。

可夢偉:外から見ると、正直そうですよね。ホンマにアグレッシブに行けないんです。前のクルマの後ろについて走ったら、ダウンフォースがなくなってひとりだけヘロヘロになるんですよ。初心者になったみたいなドライビングになる(苦笑)。

―― 同じ車格のGP2ではもっとアグレッシブなバトル、レース展開が見られるだけに、どうしてだろうと思ってしまいます。

可夢偉:サーキットが違うんですよ。ヨーロッパのサーキットは幅が広くて、レイアウトがシンプルなところでは攻めていける。でも、日本のサーキットは小さい円を描くようなコーナーが多くて、なおかつちょっと狭くて、(オーバーテイクに至るまでの)距離が足りないんです。

 鈴鹿と富士以外の日本のサーキットは少し古いんで、今のフォーミュラカーの車格に合っていない。バイクやGTならなんとかいけるけど、フォーミュラカーでレースをするにはきつい。F1で「抜けない」と言われる鈴鹿でさえ、スーパーフォーミュラでは「鈴鹿は抜ける」って言われるくらい、他のサーキットが抜けなさすぎるんです(苦笑)。

―― そんななか、先日はイベントで筑波サーキットをSFマシンで走り、コースレコードを3秒も縮めるという試みもしました。

可夢偉:あれは面白かったですね。あんなに狭くて短いサーキットやけど、恐さもないし、意外に普通に走れたんです。現場もすごく盛り上がったし、チームもやる気満々でスペアエンジンを持ってきてたくらいですからね。レース本番でさえスペアなんかないのに(笑)。

 でもね、普段SFのレースの記事が「Yahoo!ニュース」に出ることなんてないのに、あの日はイベントがまだ終わってもない朝の練習走行だけで記事になって、「Yahoo!」のトップに出てるわけですよ。「本気出したら全然やれるやん!」って思いました(笑)。

―― SFも見せ方をもう少し工夫すれば、世間の反応もあるという良い例でしたね。

可夢偉:だから、SFでも1台ずつのタイムアタックレースをやっても面白いんじゃないかなと思ったりしました。オンボード映像を見比べて、「この0.1秒の差はどこにあるやろ?」って視聴者が考えたりすれば、SFの世界観に入ってもらいやすいんじゃないかなと思うし、エンターテインメント性を上げるという意味でも良いことやと思います。

 あとは、1イベントを2〜3レースにして、年間7イベントを14戦にするとか。正直、1レースに1時間半もいらないから、レース距離を短くして、その代わりにレース数を増やしたら面白いんじゃないかと思いますね。

―― SFを戦いながら、F1への思いはどうでしたか。F1に乗りたいという気持ちは?

可夢偉:トップチーム――つまりメルセデスAMG、フェラーリ、あとは上位で戦える数チームに乗れるならF1に乗りたいです。でも、それ以外のチームでどうかと言われたら......なかなか難しいところです。(本当の意味での)レースをしていないチームのほうが多いから。

―― 2009年末にデビューしてから約4シーズンを戦って、上位以外で走るのはもう十分?

可夢偉:2010年からザウバーで一生懸命戦って、少しずつ上位に上がってくるというストーリーがあって、僕はそれを楽しめたわけです。チーム全員がそれを楽しんでいたと思います。でも、「そうじゃないよな」って思った瞬間に、毎回サーキットに行って「こんなもんか」「あいかわらずダメか」っていうレースをやってると、アホらしくなってくるんですよ。自分たちでもデータ的に「行けてここまで」というのが最初から見えてるし、それが10位争いとかではちょっと悲しいでしょ。

―― 真のレースがやれないなら、無理してまでF1を目指そうとは思わない?

可夢偉:僕が思ってたF1って、優勝を目指して戦うとか、しょぼいチームでも「この人はすごいな」って思われるようなレースをする世界やったんです。でも、今ってそういうことは絶対にあり得ないでしょ?  中団のチームはどれだけ頑張っても勝てないし、チームなりに頑張ればそれでOK。(一発逆転を狙って)人と違うことをやりたいと思っても、それが許されるような世界じゃない。だったら、「僕じゃなくてもいいじゃん」って話になるでしょ? 「自分にしかできない仕事をやりにいく」っていうのが僕の憧れていたF1やったのに、今のF1は「それなりの仕事ができる人なら誰でもいいんじゃないの?」って思ってしまったんです。

―― 来る2016年シーズンに向けて、どのような展望をもっていますか?

可夢偉:何しよっかなぁ? スーパーGTはたぶんやらないと思います。WEC(世界耐久選手権)もやらないと思う。ひとまず、そういうことにしておいてください(笑)。今はまだフォーミュラカーで戦っていたいんです。だからSFにも取材に来て、いろいろ書いてくださいよ(笑)。

―― 最後に聞きますが、今、楽しいですか?

可夢偉:うん。(自分の力でトップ争いをするという)今まで自分のなかでやれなかったこともできてるし、0.1秒を争う研ぎ澄まされた世界で戦える喜びっていうのかな。日本のレースを何も知らない僕が、そういうところにポンと飛び込んで上位で戦えているっていうことは楽しいし、戦ったぶんだけ成果が出るっていうやりがいもあるし。自分がチャレンジした成果が見えるのって、楽しいですよ。(F1のように)それが見えないとつらいけど、このレースを戦ってるドライバーたちはみんなそれを実感してるんじゃないですかね。

  ◆  ◆  ◆

 SFを戦ってわかった課題や、盛り上げるためのアイデアを披瀝(ひれき)してもらい、F1への率直な思いも聞いた。その上で、「今、楽しいですか?」という最後の質問に、可夢偉は「うん」と答えた。即答だった。

「僕は、F1にいたいんじゃなくて、レースがしたいんです」

 可夢偉はそう言った。

 どんなカテゴリーで、どんなレースをするのか。2016年が小林可夢偉にとってどんな1年になるか、それはまだわからない。しかし、彼がレーシングドライバーとして最高の走りを見せてくれることは間違いなさそうだ。


【profile】
小林可夢偉(こばやし・かむい)
1986年9月13日生まれ、兵庫県尼崎市出身。1996年にカートレースデビュー。2001年にフォーミュラ・トヨタレーシングスクールのスカラシップ生に選出され、2002年にヨーロッパカート選手権へ参戦。その後、フォーミュラトヨタ、フォーミュラルノーなどを経験し、2006年からF3ユーロシリーズにステップアップ。2008年からF1直下のカテゴリーであるGP2に戦いの舞台を移すと、2009年にはF1第16戦・ブラジルGPにトヨタのドライバーとして参戦。いきなり9位入賞の力走を見せると、続く第17戦・アブダビGPでは6位を獲得。これが評価され、2010年はザウバーのレギュラードライバーとしてフル参戦。2011年、2012年はザウバーで活躍。2012年の第15戦・日本GPでは3位表彰台を獲得した。2013年はF1シートを獲得できなかったが、2014年はケータハムと契約。2015年はスーパーフォーミュラに参戦してランキング6位。170センチ・63キロ。AB型。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki