リオ五輪を目指す日の丸戦士(5)

「ポジションが約束された選手はいない」と常々語り、最終予選に臨むメンバーについても年末まで2席を残し、最後まで競争をあおっていた。そんな手倉森誠監督にとっても、キャプテンを任せる遠藤航だけは特別な存在だ。

 猛暑のマレーシアで行なわれた昨年3月のリオ五輪アジア1次予選。「メンバーをやり繰りしなければならない」と語りながら、遠藤だけは3試合連続スタメンで起用した。

 2−0で完勝した7月のU−22コスタリカ戦のあとには、「ボールを奪ったあと、攻撃に転じるスイッチを入れてくれた。これまでは守備のオーガナイザーだったが、今回はまたひとつ高い意識でチームに絡んでくれた」と賞賛し、Jリーグ・U−22選抜として臨み、0−1で敗れた9月のJ3第30節・町田ゼルビア戦のあとにも、「こういう結果を見ると、彼の存在が改めて際立ってくる」と、遠藤が不在だったことを嘆いた。

 最終予選に向けたメンバー発表会見でも、信頼を改めて口にしている。

「この年代の年長者として、もっともJリーグでの実績があり、アンダーカテゴリーからのキャプテンシーは今につながっていると思います。チームをまとめてくれる、自然体で引っ張ってくれるのが彼のキャプテンシー。いろいろな情報を提供してくれるし、そこで力まないのが彼の良いところで、見習わなければならないと思います」

 指揮官からも高く評価されている、"力まず・自然体で"チームを引っ張る遠藤のリーダーシップ。それは、長年にわたって培われてきたものだ。なにせ遠藤は、小学生から高校生までずっとチームでキャプテンを務め、2012年のU−19アジア選手権を戦ったU−19日本代表でも、腕章を巻いてピッチに立っている。

「キャプテンマークを巻いてピッチに立つことは、自分にとって相当なモチベーションになる。背負うものがあると、成長できるじゃないですか。そういう責任を背負って予選の重圧に打ち勝てれば、もう一段階上に行けると信じている。だから、僕はキャプテンをやりたいタイプです」

 チームメイトを叱咤激励し、強烈なリーダーシップでまとめ上げるタイプではない。少し離れたところからチーム全体を見渡し、チーム内の雰囲気や状況を敏感に察知する。空気を読みながら必要に応じて声をかけ、プレーや背中でチームを引っ張っていく。

「理想のキャプテン像っていうのは今もはっきりと描けてなくて、試行錯誤しながら見つけていければいいかなって思っています。でも、監督のやりたいサッカーをもっとも理解し、先頭に立ってそれを実践したり、みんなに落とし込んだり、プレーや存在でチームに安心感を与えられるキャプテンでいたい、とは思っています」

 遠藤がU−23日本代表を引っ張ってきたのは、そういったキャプテンとしてのリーダーシップだけではない。U−23日本代表のなかからもっとも早くA代表デビューを果たし、リオ五輪への出場をともに目指す仲間たちの指針になると同時に、刺激を与えてきた。

「日本が強くなるために、僕らの世代からA代表にどんどん入って、下から突き上げていかなければならないと思っていて。だから、僕自身も早くA代表に入りたいという気持ちが強い。(リオ五輪の)最終予選のあと、(リオ五輪の)本大会のあとと言わず、その前にA代表に入って、もっと成長したい」

 日本代表への意欲をはっきりとそう口にしたのは、昨年6月末のことだった。2年ぶりとなるJ1での自身のプレーに手応えを感じ、同級生である宇佐美貴史(ガンバ大阪)、柴崎岳(鹿島アントラーズ)、武藤嘉紀(マインツ)らのA代表での活躍に刺激を受けていたころのことだ。

 その約1ヶ月後、東アジアカップに出場する日本代表メンバーに選出されると、3試合すべてで先発出場を果たす。全試合でスタメン起用されたのは遠藤のほかに、ハリルジャパンの常連である森重真人(FC東京)、槙野智章(浦和レッズ)、山口蛍(ハノーファー)の3人だけ。ヴァヒド・ハリルホジッチ監督の高い評価がうかがえた。

 起用されたポジションも、遠藤の能力を証明するものだった。

 湘南ベルマーレU−18からトップチームへはセンターバックとして昇格した。U−19日本代表でもセンターバックを任されている。現在の湘南では3バックの右ストッパーを務め、U−23日本代表ではボランチやアンカーとしてプレーしている。

 だが、東アジアカップでハリルホジッチ監督に託されたのは、右サイドバックだった。その「ほとんどやったことない」ポジションで2試合続けてプレーして指揮官を納得させると、3試合目にはボランチに指名され、ここでもフル出場した。

「以前はセンターバックにこだわりがあったんですけど、今はそこまでないというか。今、理想とするのはセンターバックでもストッパーでも中盤でもサイドバックでも、質の高いプレーを見せられるプレーヤー。新しいポジションにチャレンジすれば、それだけプレーの幅が広がるし、監督にとっても使い道が多いんじゃないかと思うんです」

 遠藤が近年、心がけているのは、自身の能力を全体的に上げていく作業だ。ポジションを選ばないというのも、その取り組みのひとつである。

「27 歳ぐらいになれば、ひとつのポジションにこだわってやっていくべきだと思いますけど、今はいろんなポジションをこなすことで自分の新しい一面が発見できるし、成長につながると思っていて。だから、なんでもできるようになりたいと思っています」

 また、近年は週1回のフィジカルトレーニングを積み、身体を大きくすることにもチャレンジしている。2年前のJ1ではケガを負い、シーズンの半分を棒に振ったうえ、連戦をこなす体力面にも物足りなさを覚えたため、ケガをせず、海外の屈強な選手とも渡りあえるタフな身体を少しずつ作り上げてきた。

「身体のケアにも気を遣っていますし、長期的に少しずつ身体を大きくしていくことにもトライしてきました」

 そうやって自身の能力を少しずつ、少しずつ、全体的に高めてきた。

 12月23日には、湘南から浦和レッズに移籍することが発表された。アジア・チャンピオンズリーグに出場できるというのがポイントだったという。クラブレベルでアジアの厳しい戦いが経験できること、J1で優勝争いをすること、それ以前に、ポジション争いが激しく、簡単には試合に出られない環境に身を置くことが、さらなる成長につながるはずだと本人が感じていることは、言うまでもないだろう。

 さらに、ふたつのA代表を掛け持ちすることで、自分を磨いていくつもりだ。

「リオ五輪の出場権を取れば、来年の夏までU−23の活動が続くことになるから、そこまではU−23とA代表を掛け持ちしたいと思っています。そんなチャンス、なかなかないですし、今も充実してやれているので、楽しみながらこなしていきたい」

 二足のわらじを履くことによって、肉体的にも、精神的にも相当な負荷がかかることは間違いない。だが、そうしたハードな日々が、自身をさらに強くしてくれることを、遠藤は知っている。

 2015シーズンにも増して激動の1年となりそうな新シーズン。最終予選のためにドーハ入りした直後、インフルエンザが発症して練習から離脱し、チームに激震が走った。しかし、U−23日本代表のキャプテンは全身全霊で最終予選に臨み、リオ五輪への切符を掴みとることに集中しているはずだ。

飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi