日経平均が約3カ月ぶりに1万8千円を割り込む 世界経済への先行き不安

ざっくり言うと

  • 7日の東京株式市場の日経平均株価は、約3カ月ぶりに1万8千円を割り込んだ
  • 世界経済の先行きに対する警戒感が強まり、株安・円高が進んだ
  • 同日、中国の上海株は下落幅が大きく、取引が停止となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング