対策のイメージ図(IPAサイトより)

写真拡大 (全2枚)

 情報処理推進機構(IPA)は6日、インターネットに接続する複合機・プリンターといったオフィス機器について、再点検を行うよう注意を呼びかけた。

 ネット接続型のオフィス機器では、設定が正しく行われていない場合、外部から簡単に閲覧できてしまい、情報漏えいの危険度が高い。IPAでは、2013年11月に、この問題について注意喚起を行っていたが、今回、あらためて、同種のトラブルが、学術関係機関において発生していることが報道された。これを受け改めて注意を呼びかけたとのこと。なお同種の注意喚起を、リコーも同日に行っている。

 オフィス機器をインターネットに接続する際には、「通信制限」「認証によるアクセス制限」などの適切なセキュリティ設定が必要だ。また、システム構成の変更などにともない、見直しが必要になることもある。IPAでは、管理の明確化、ネットワークによる保護、オフィス機器の適切な設定などを呼びかけている。