シャルリー・エブドの「神」の風刺画にバチカン反発

ざっくり言うと

  • フランスの風刺週刊紙「シャルリー・エブド」が、特別号100万部を発行した
  • 「神」と思われる髭を生やした男性が血まみれで銃を背負った絵を掲載
  • バチカンの日刊紙は「神に対する冒とくにほかならない」と批判している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング