生誕300年記念「若冲展」が東京都美術館で開催 - 「釈迦三尊像」と「動植綵絵」が一堂に会す

写真拡大

伊藤若冲の生誕300年記念「若冲展」が東京都美術館で開催される。期間は2016年4月22日(金)から5月24日(火)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

伊藤若冲は、江戸時代に活躍した画家のひとり。身近に存在する画題を観察し、忠実に描く即物写生によって、精緻でユーモラスな生命力にあふれた作品を製作していた。本展では、初期から晩年に至るまでの代表作約80点を紹介。多くの人に愛され、日本美術の中で輝きを増す若冲の生涯と画業に迫る。

本展の1番の見どころは、画業に没頭し始めて間もない若冲が、10年の歳月をかけて描き続けた「釈迦三尊像」と「動植綵絵」。これら作品は、当時、相国寺で重要な法要の際に正面に「釈迦三尊像」3幅、その両側に「動植綵絵」を15幅ずつを並べて使用した仏画である。しかし、明治期には「釈迦三尊像」3幅を相国寺に残し、「動植綵絵」30幅は皇室に献上された。それぞれの場所で大切に保管されていた2つが、東京で初めて一堂に会する。

その他、初期の作品としては、華麗な牡丹の花が咲き誇る「牡丹・百合図」などを展開。色彩画にとどまらず、「鹿苑寺大書院障壁画」や「仙人掌群鶏図襖絵」などの障壁作品をはじめ水墨画、木版画など、あらゆる手法を駆使して創り上げられた作品も揃う。

※釈迦の「迦」の字は、しんにょうの左上の点が一つ。

【開催概要】
生誕300年記念「若冲展」
開催期間:2016年4月22日(金)〜5月24日(火)
※会期中に作品の入れ替え有り。
開室時間:9:30〜17:30 (金曜日は20:00まで)
※入室は閉室の30分前まで。
開催場所:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36
閲覧料:一般 1,600円(1,300円)、大学生・専門学生 1,300円(1,100円)、高校生 800円(700円)、65歳以上 1,000円(900円)
※()内は前売・団体料金。
※団体は20名以上。
※中学生以下無料。
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳の持参者とその付き添い1名まで無料。
※毎月第3土、翌日曜日は家族ふれあいの日により、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住)は、一般当日料金の半額(いずれも証明できるものを持参)。
※都内の小学・中学・高校生並びにこれに準ずるものとその引率の教員が学校教育活動として観覧するときは無料(事前申請が必要)。

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600