今日は1月7日。お花屋さんの店先やスーパーなどに七草の鉢植えや七草粥セットが販売されています。日本古来の健康を祈願する風習にあまり関心がなかった人も、今年は「七草粥」にトライしてみませんか?

七草の風習の由来は?

七草は中国の五節句のうち人日の節句である1月7日の朝、7種類の野菜が入ったおかゆを食べて無病息災を祈る風習です。人日は人に刑罰を与えたり、殺生をしたりしないと定められた日。日本では古くから年の初めに野に出て芽を出し始めた草を摘む「若菜摘み」という風習があり、これが中国の風習と結び付き七草になったといわれます。

春の七草とは?

七草には秋の七草もありますが「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ これぞ七草」と歌の中に詠み込まれている7種類が「春の七草」です。各生薬に多く含まれる成分や薬効をまとめてみました。

せり

ビタミンA(免疫力アップ。風邪・陰風ルエンザ予防)、ビタミンB群(疲労回復)、ビタミンC(免疫力アップ、美肌効果)、鉄分(貧血予防)

なずな

ビタミンA・B群・C、カリウム(塩分排出。体のむくみをとる)、カルシウム(骨の強化)、亜鉛(抜け毛防止)

ごぎょう

風邪や気管支炎、咳を緩和する成分を含有

はこべら

サポニン(利尿作用)、クマリン(止血作用)

ほとけのざ

解熱・鎮痛作用を持つ成分を含有

すずな

かぶの別名。アミラーゼ(消化酵素で胃腸の消化を助ける)、ビタミンC、鉄分

すずしろ

大根の別名。アミラーゼ、ビタミンC、食物繊維(便秘解消)

七草粥の作り方鍋や土鍋で炊く場合は米1合に、米の5倍の量の水を加えます。30分以上は米を水に浸してください。電気やガスの炊飯器は規定の水の量で米を焚きます。鍋や土鍋の場合は、沸騰したら弱火にして蓋をあけてじっくりと炊いていきます。途中でかきまぜないようにして、米が浮き上がりやわらかくなったら火からおろします。七草は少量の塩で茹でておき、米の炊きあがりと同時に入れて混ぜます。七草セットを買わなくても、大根や小松菜、三つ葉など野菜の青い葉を使っておかゆを作ってもいいですが、やっぱり七草粥で一年の無病息災を祈りましょう!

writer:松尾真佐代