PS4の累計販売台数が3590万台に

写真拡大

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、同社が販売する「プレイステーション 4」(PS4)が2015年の年末・年始商戦期において570万台以上の実売を達成し、2016年1月3日(日)時点で全世界の累計実売台数が3,590万台を超えたと発表した。

またPS4向けタイトルは、2015年の年末・年始商戦期の販売店様および「プレイステーション ストア」での実売本数が2016年1月3日(日)時点で3500万本を突破したとのこと。

これに加えて、PSN上で名作ゲームが回数や時間の制限なく無料で楽しめる「フリープレイ」や、他のプレイヤーとPS4でネットワーク対戦・協力プレイが可能な「オンラインマルチプレイ」など、加入者専用の機能や特典が利用可能なメンバーシップサービス「プレイステーション プラス」は、2015年の年末商戦期の加入者数が、昨年同時期と比較して60%増加しているとのことだ。

同社の代表取締役 社長 兼 グローバルCEO アンドリュー・ハウスは以下のように述べている。

「この年末・年始商戦期も、世界中の多くの皆様に新たにPS4をお選びいただき、ユーザーコミュニティが更に拡大していることを大変嬉しく思います。
本年は、SCEワールドワイド・スタジオの『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』、『New みんなのGOLF』、『人喰いの大鷲トリコ』をはじめ、ソフトウェアメーカー各社様からもこれまでにない圧倒的なPS4タイトルラインアップをお届けするとともに、革新的なエンタテインメント体験をご提供していきます。どうぞご期待ください。」

■ソニー・コンピュータエンタテインメント

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・今年のクリぼっち率は「恋人と一緒に過ごす」抑え21.7%。コミックシーモア調べ
・忘年会シーズン真っ只中!〜 「若者のアルコール離れ」って本当?マクロミル調べ
・ハイレゾ&メガスターのコラボイベント、「サウンドプラネタリウム」を見てきました
・「メタルギアソリッド」の小島秀夫氏が独立。SCEと契約して新作を制作
・「大人なガリガリ君シリーズ」第2弾、白桃味が登場!国産果汁33%使用