有事に強い「金」に資産の10%を分散しよう! 金投資の第一人者が語る、金へ投資をするなら 2016年の前半までが絶好の始め時の理由とは?

写真拡大

「金価格は安値圏で2016年前半までが絶好の買い時」と金の第一人者である豊島逸夫さんは語る。テロなど不透明な世界情勢の今こそ。株や債券とは異なる値動きをする金にも分散して資産を守るべきだ。

平時にコツコツ買い進め有事に売るのが正攻法
今後は中国とインドの需要増で需給はひっ迫へ!

「2015年は、いつ米国が利上げに踏み切るかに注目が集まり、金利を生まない金が売られ下値を試す展開が続きました。しかし、実際に昨年末に利上げが決定し、しかも2016年の利上げペースが小幅であることが確認されたことで、安心感が出て金価格も回復に向かうでしょう。利上げは決まったものの金価格がまだ底値圏にある2016年前半までが、金投資を始める絶好のチャンスです」

 と豊島&アソシエイツ代表の豊島逸夫さんは語る。

 金には長期的な上昇要因が多い。まずは、価格が下がると、それぞれ10億人以上の人口を有する中国やインドから買いが入ること。経済成長が多少低迷しても、金への買い需要は衰えを見せていない。

 にもかかわらず、金自体の生産量には限界が迫っており、供給はひっ迫している。さらに、現在の金価格は生産コストを割り込んでおり、この状態が長く続くとは考えにくい。つまり、これ以上、金価格が下がる可能性は低いのだ。

 ただし、よく新聞などで「有事買いで金が上昇」といった見出しを見かけるが、「有事になってからでは遅い」と豊島さんは言う。事実、2003年にイラク戦争が始まった直後に、それまで少しずつ上がっていた金価格は暴落。有事では短期的に金価格が上昇するため、短期売買であれば買いチャンスだが、「長期投資では、金は平時に買って資金が必要になった場合のほか有事に売って穴埋めするのが正しい」(豊島さん)のだ。

 また、円建てで投資する日本の投資家は、金価格だけでなく、ドル円の動向も睨みつつ投資しなければならないが、為替はプロにも予想が難しいため、初心者は純金積み立てや金ETFなどで、少しずつ買っていくのがオススメ。

 株や債券とはまったく違う値動きをする金は、リスクを分散するにはもってこいの資産だ。資産形成の中心にすべき資産ではないが、全体の10%程度を組み入れておくべきなのだ。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ2月号(表紙は堀北真希さん)には、金やプラチナの情報の他、「2016年の拡大NISAでの正しい儲け方」「株全予測&儲け方」「今買いの10万円株・高配当株・株主優待株」「割安?割高?上場3596銘柄の最新理論株価」「今が買い時のグローバル株投信」など投資の情報が満載となっている。ぜひ、ダイヤモンド・ザイ2月号を読んで2016年の投資に役立てて欲しい(アマゾン、楽天ブックスでも送料無料で注文可)。