豚肉でなく、馬肉を使った「桜肉の餃子」(1280円)

写真拡大

磐越自動車道・磐梯山サービスエリア(SA)上り線のショッピングコーナーでは、一風変わった冷凍餃子「桜肉の餃子」(1280円)が販売されている。

【写真を見る】会津ならではの商品を販売するショッピングコーナー

一見すると何の変哲もない餃子だが、特筆すべきは中の具材。キャベツやタマネギ、ショウガ、ニラといった一般的な具材と一緒に入るのは、豚肉ではなく桜肉(馬肉)!馬刺しをはじめとし、馬肉を食べる文化が根付く、会津ならではの餃子というわけだ。

餃子は1箱に18個入っており約360g。急速冷凍されているため、手作りの味をそのまま味わえる。

ショッピングコーナーは7時から22時までと長時間営業をしているので、同SAに立ち寄った際は手に取ってみてほしい。珍しい馬肉餃子は、土産に持っていけば喜ばれること間違いなしだ。【東京ウォーカー】