株安と円高が進行し21年ぶりの3日続落 北朝鮮の水爆と中国経済が影響

ざっくり言うと

  • 6日の東京市場では株安と円高が進行し、日経平均株価は3営業日連続で下落
  • 北朝鮮の水爆実験発表や中国経済の先行き懸念などが影響した
  • 平均株価が年始から3日続落したのは、4日続落となった平成7年以来21年ぶり

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング