オランダ航空機内で副操縦士が乗客に襲われ負傷 機体は危険にさらされず

ざっくり言うと

  • 中国行きのKLMオランダ航空機内で3日、副操縦士が乗客に襲われ負傷した
  • 男は他の乗客によって取り押さえられ、残りの飛行中、座席に固定されたそう
  • KLMは、機体が危険にさらされたことはなかったと強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング