実車さながら白熱のデッドヒートやクラッシュも

写真拡大

バンダイは、リアルレーシングホビー「ゲキドライヴ」シリーズを2016年1月23日から順次発売する。価格は各1200円(以下全て税別)。

マシンはカスタム可能な3つのパーツで構成 パーツ順次追加予定

白熱したレースシーンと、パーツ組み替えによるカスタムのしやすさを追求。フロント、センター、リア3つの『リンクユニット』で構成され、コースに合わせた素早いカスタムが可能。電源は単4形乾電池×2本(別売)。

90度のバンク(傾斜角)を含む仕切りのないフリーレーンのコースを、遠心力でダイナミックに曲がりながら疾走。"競り合い"や"追い抜き"、そして予期せぬ"クラッシュ"など、ゴールまで結果が分からないレースを楽しめる。

初回ラインアップは、最高速重視デザインのホワイト系「GD-001 ドラゴンゲイル」、パワー重視で冷却ダクトを多数配置したデザインのブラック系「GD-002 ナイトクーガー」、最高速・パワーを両立したデザインのレッド系「GD-003 バーストフェネクシオン」全3車種。

そのほか、全長約3.6メートルのコース「RC-01 マスタースピードウェイ」(1万円)、「CP-003 タイヤホイルセット01」(350円)などのカスタムパーツも同時発売。今後も個性的なマシンやパーツなどの関連商品を順次追加予定だという。