小林可夢偉インタビュー@前編

「F1ドライバー小林可夢偉が、日本最高峰のスーパーフォーミュラ(SF)に参戦する」。2015年の国内レース界では、それが大きな話題となった。かつて、F1から日本に舞い戻った高木虎之介がSFの前身フォーミュラ・ニッポンで10戦8勝という圧倒的な速さを見せ、王者に輝いたことがある。日本のファンのそんな期待を知りながらも、可夢偉は「そんなに甘い世界じゃない」と語りながら開幕を迎えた。

 7戦0勝・入賞4回。ランキング6位──。それが、参戦初年度の可夢偉の戦績だった。

 可夢偉の速さはもう失われてしまったのか? 結論から言えば、彼がSF初年度で示したのは、むしろ彼の速さがまったく失われてはいない、ということだった。可夢偉はSFで何を思い、何に苦しんでいたのか。そしてどこに向かおうとしているのか。可夢偉自身の言葉とともに、それを解き明かしていきたい。

── 「すぐに勝てるほど甘くない」と話していたSFでしたが、実際に戦ってみてどうでしたか?

小林可夢偉(以下:可夢偉):思っていたとおり、全然甘くなかった。勝ちを狙っていったのに、1回も勝てなかった。日本のレースの難しさ、これまで自分がやってきたレースとの違いというのは、想像どおりでした。まぁ、勝ちたかったけどね......。勝ちにいって勝てなかったレースもあったから、そういう意味では悔しいです。

── 勝てなかったのは、どうしてですか?

可夢偉:開幕戦はクルマが壊れてQ3に行けなかったけど、それ以外はすべてQ3に進出しました。そのくらい安定して、"そこそこ"のパフォーマンスは出せたと思うんです。ただ、僕らは100%まで行けなかった。だから勝てなかった。日本ではみんながずっと同じクルマ・同じサーキットで走っていて、100%引き出せる力を持っているので、そうしないと勝てない。それがSFっていうレースなんです。

── 全車が同じ車両を使うワンメイクのSFでは、そのくらい重箱の隅をつつくような争いになるということですね。

可夢偉:F1なら予選で1秒遅くても、決勝ではなんとかできるかもしれない......っていうのがあったけど、SFでは1秒どころか、0.1秒の差でものすごく大きな違いになります。その0.1秒を詰める作業が必要なんです。勝つためには、その0.1秒を縮めないといけない。そこがF1でやってきたこととの最大の違いでした。

── そんななかで可夢偉選手と所属チームのチーム・ルマンは、どのくらいまで到達することができたのですか?

可夢偉:95%くらいの力は常に出せていたと思います。でも、残り5%が絶対的に足りなかった。今年優勝したドライバーたちがなぜ勝てたのかというと、「実はセッティングで"何か"を見つけたんだよね」って言うんですよ。もちろん、それが何なのかは教えてくれないけど、自分たちのなかで『これだ!』っていうものが見つかったって言うんです。セルモがずっと速かったのもそうやし、トムスがシーズン途中から急に速くなったのもそう。僕らも95%より先に行くために、"何か"が必要だということはわかっていたし、いろんなことをやったけど、残念ながら最後までそれを見つけることができなかったんです。

── チャンピオンになった石浦宏明選手(セルモ)が可夢偉選手のオンボード映像を見て、「これでよく運転できるなと、ビックリするくらいセッティングが決まっていない」と話していました。

可夢偉:ホンマにクルマが毎回、全然違った(苦笑)。僕らはアホみたいに(セッティングを)いじってたから。それでも、何をしてもタイムはあんまり変わらへんっていうね。石浦のオンボード映像を見ると、「え、そんなに簡単なんや?」「幸せそうやなぁ」っていうくらい、ビシッと決まってましたから。

── 開幕前に懸念していたように、国内のサーキットの大半が初体験の可夢偉選手にとって、予選前のフリー走行が1時間しかないというのが、セッティングの決まらない理由でしたか?

可夢偉 あの時間内では、テストはほぼできないですからね。僕の場合は、まずコースの習熟でフリー走行が終わって、新品タイヤも試せないまま、いきなりそれを履いて予選でしたから。ホンマにコースがよくわからへんまま、いっつも予選にいってた。で、5周くらいのショートランしかやってない状態で、決勝はいきなり60周のロングラン。だから走り始めた瞬間に、「あれ? これ、自分が思ってたのと違うなぁ?」っていうのがよくあった。結局、「何が良くて、何が良くなかったのか、よくわからへん」みたいなことの繰り返しでした。

── F1のときにもよく口にしていましたが、難しい状況でもプロとしてきちんと結果を残すためには、妥協せざるを得ない部分もあったのでは?

可夢偉 日本の人たちは長年ここで走っているけど、僕の場合は毎回新しいサーキットなので、完璧を目指すんじゃなくて、いろんなコンディションを想定しながら、95%を狙うしかなかったですね。それを自分の仕事にしてたんです。まさに、ヨーロッパに出て行って1年目のドライバーみたいに、慣れないサーキットでミスをしないギリギリのところを目指しながら、手探りでやっていくしかなかった。じゃあ、100%を狙うにはどうしたらいいのか──。もし、今年もスーパーフォーミュラに挑戦するとしたら、次は自分のなかの意識も開花させないといけないのかもしれません。

── 7戦中入賞4回、ランキング6位という結果は、自分としては満足していない?

可夢偉 その"何か"が見つかっていないなかでは良い戦いができたんじゃないかと思うし、自分自身もいろいろと経験ができ、あれだけ練習走行が短いなかであそこまでやれたというのは、「ある意味ではポジティブに捉(とら)えてもいいのかな」とは思うんですけどね。とにかく、練習時間が短すぎますよ。フリー走行が3時間くらい欲しいですね。そうしたら、いろいろとセッティング作業をして、クルマが決まった上でロングランの確認もして、レースに臨めるのに......。

── 入賞4回のうち3回は表彰台だったわけですが、今年のハイライトは?

可夢偉 ハイライト? なかったです(苦笑)。ないない、まったくない。表彰台くらいじゃダメですよ。

── そんな2015年を自己採点すると?

可夢偉 採点したくもないけど(苦笑)、う?ん、8点くらいかな。8号車なんで! そんな感じです。

  ◆  ◆  ◆

 インタビュー前半、このように語る可夢偉だが、SFで1年を戦った彼の言葉の端々からは、自身のドライバーとしての能力に対する自信は、失われたどころか、さらに深まったようにさえ感じられた。優勝こそできなかったが、限られた時間と100%まで突き詰められていないクルマで、それを手にしたドライバーたちと互角の走りができた。条件さえ同じなら、勝てる──。可夢偉は、そう確信したのではないだろうか。

「勝てなかったけど、僕らのパフォーマンスは安定していました。アップダウンがあって、当たったり外れたりしたわけじゃなく、常に(トップのすぐ下の)あのくらいのところにいられた。その層さえ上げられれば、つまり"何か"を見つけて95%を100%に近づけていければ、そんなに難しくもなくずっと勝ち続けられるんじゃないかなとも思うんです」

 さらりとそう語る可夢偉の表情には、レーシングドライバーとしての自信が感じられた。では、そんな彼が2016年に見据えているのは、いったいどこなのだろうか?

(後編に続く)

【profile】
小林可夢偉(こばやし・かむい)
1986年9月13日生まれ、兵庫県尼崎市出身。1996年にカートレースデビュー。2001年にフォーミュラ・トヨタレーシングスクールのスカラシップ生に選出され、2002年にヨーロッパカート選手権へ参戦。その後、フォーミュラトヨタ、フォーミュラルノーなどを経験し、2006年からF3ユーロシリーズにステップアップ。2008年からF1直下のカテゴリーであるGP2に戦いの舞台を移すと、2009年にはF1第16戦・ブラジルGPにトヨタのドライバーとして参戦。いきなり9位入賞の力走を見せると、続く第17戦・アブダビGPでは6位を獲得。これが評価され、2010年はザウバーのレギュラードライバーとしてフル参戦。2011年、2012年はザウバーで活躍。2012年の第15戦・日本GPでは3位表彰台を獲得した。2013年はF1シートを獲得できなかったが、2014年はケータハムと契約。2015年はスーパーフォーミュラに参戦してランキング6位。170センチ・63キロ。AB型。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki