健康サービスでは、市が専用のアプリを提供して住民の健康維持に協力。65歳未満の人を対象に「健康ポイント」を付与したり、市からの健康情報なども届く(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全4枚)

 ケイ・オプティコムは5日、兵庫県養父市と共同でICTを活用した「生活支援サービス」のトライアル実施を2016年4月から行うことを発表した。

 地方創生を基本目標に、住みやすい街の実現を目指し、同社が提供するタブレット端末eoスマートリンクや養父市専用のアプリなどを利用した、「健康」「介護・見守り」「情報配信」の3つのサービスを柱にして行っていく。

 「健康」という側面では、働き盛りの世代をターゲットに、スマホやPC、タブレットで健康管理を行う養父市専用の「健康管理アプリ」を提供し、歩数や健康状態を記録。養父市からの健康情報などを配信する。

 「介護・見守り」では、高齢者と障がい者を対象に、家族や地域住民と連携した「介護・見守り」サービスを提供する。タブレット搭載カメラによる見守り、家族へのメール通知や、センサーによる認知症患者の外出通知などを提供する。「情報配信」では、タブレット端末に「養父市専用ホーム画面」を設置し、養父市の暮らしや医療、公共施設、防災・災害などに関する情報を配信する。

 トライアル期間は2016年4月から2017年3月までを予定しており、周辺自治体への展開なども含めて、地域に根ざしたサービスモデルの実現を目指していくという。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI