「Presence」は深層学習アルゴリズムを活用した「Smart-Sight」機能により、監視エリア内に侵入した人や車、動物をリアルタイムで検知して、ユーザーのスマートフォンなどに通知することが可能な全天候対応の屋外用防犯カメラだ(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 フランスのNetatmo(ネタトモ)社は5日、屋外用防犯カメラ「Presence(プレゼンス)」を発表した。人、車、動物を検知して通知するという特徴を持つ。

 ディープラーニング(深層学習)アルゴリズムを活用した「Smart-Sight」機能により、監視エリア内に侵入した人や車、動物をリアルタイムで検知。ユーザーのスマートフォンなどに「人が見えました」「車が見えました」といった形で通知することができる。

 赤外線暗視機能で夜間の監視・録画も可能。スマート投光照明を搭載し、夜間でもカラー動画を記録することができる。通知と録画機能はユーザーによるカスタム設定が可能。また「Smart-Zones」機能により、動体検知を行う監視エリアを任意で選択することもできる。

 記録した動画は内部のマイクロSDカードにローカル保存し、個人のFTPサーバーに自動送信できる。カメラからスマートフォンへのデータ送信はエンドツーエンドで暗号化され、承認されていない新規デバイスまたは新IPアドレスから「Presence」カメラにアクセスがあった場合、Netatmoのアカウント・セキュリティ・システムが警告を送信する。

 解像度はフルHD1080p、画角は広角100度。防塵・防水規格IP66適合で全天候に対応。検知距離は20mで、家庭用のインターネットWiFiで接続可能。発売予定は2016年第3四半期からとなっている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI