女王イ・ボミ、栄光への軌跡(2)

2015年シーズン、日本女子ツアーで見事賞金女王に輝いたイ・ボミ。彼女がそれだけの結果を残せたのも、両親が深い愛情を注いできたからだ。

 父はどんなに忙しくても、練習場や試合会場までの送迎をし、娘の練習や試合を常に見守ってきた。そして母は、娘ができるだけ不自由なくゴルフがやれるよう、必死に働いてその資金を生み出してきた。

ただ、そうした状況を、家族の誰もが快く思っていたわけではなかった。親の愛情と関心が、イ・ボミに偏り過ぎるあまり、ひとつ下の妹ボベさんは「寂しい思いをしていました」と漏らす。

「昔はボミオンニ(姉)のことが嫌いで、よく喧嘩していました。そのことは、今でも覚えています。結局、両親がオンニばかりかまって、尽くしていたから、幼心に嫉妬していたんでしょうね(笑)」

そうは言っても、ボベさんは姉のことを陰ながら応援していた。喧嘩するのも、姉にがんばってほしかったからだ。だからこそ、イ・ボミの活躍には心から喜んでいる。今では、「ボミオンニとも、すごく仲良し」(ボベさん)で、『イ・ボミスクリーンゴルフゾン』がある同じビル内に美容室を構えて、その責任者として働いている。

 イ・ボミが韓国に帰ってきたときには、その妹ボベさんと、さらに下の妹ジェニさん(22歳。ネイリスト)と、必ず一緒に出かける。そして、ショッピングや食事を楽しむという。自らがゴルフをするために、妹たちにどれほどの迷惑をかけてきたことか。その申し訳ない気持ちが、イ・ボミの心の中にずっとあるからだ。

「私ひとりだけゴルフをやって、そこに多くのお金がかかっていたのはわかっていました。それによって、姉や妹たちがやりたいことができない状況にあったことも、重々承知していました。だからこそ、自分はゴルフで結果を出さなければいけないと思っていました。姉や妹たちに苦労をかけた分、日本で成功するしかなかったんです。

 当時のことを思えば、まだまだ足りませんが、今になって姉妹にも少しは恩返しができているかな、と思っています。そして、私と母は今、ほとんど日本にいますが、それでも家族みんなが仲良くしてくれていることが、すごくうれしいし、家族みんなに感謝しています」

 話を戻そう。田舎町(5歳のときに引越した江原道・麟蹄郡)の厳しい環境の中でも、父親の指導を受けて着実に実力をつけていったイ・ボミだが、彼女が高校生になったとき、転機が訪れた。

 その頃になると、母が営んできた飲食店が軌道に乗って、お金に困ることも少なくなってきた。しかし、ゴルフの実力をより高めていくためには、より良い環境に身を投じる必要があったのだ。

 そこで、イ・ボミは一大決心をする。

「水原の高校に通う」

 そう決めたのだ。

 そもそもイ・ボミが生まれた水原には、ゴルフ場や練習場も多く、ゴルフをやるには万全の環境が整っていた。日本ツアーで活躍する、申ジエ(27歳)やキム・ハヌル(27歳)が、現在も拠点としている場所だ。

 そして、イ・ボミは母とふたりで、水原に引っ越した。高校2年生のときだった。イ・ボミが、そのときの思いを神妙な面持ちで語る。

「家族がバラバラになるのは嫌だったけど、『早く成功する』という覚悟を持って家を出ました。田舎町では強くて有名な存在だったかもしれませんが、結局は井の中の蛙。全国的には、決してうまい選手ではありませんでしたから。高いレベルで勝負する必要がありました」

 ここで、さらなる転機が訪れた。現在も専属コーチを務める、チョ・ボムス氏と出会ったのだ。

 チョコーチは、水原市内にアカデミーを構えていて、ジュニア選手の育成に携わっていた。そのアカデミーに、イ・ボミがやって来た。当時のイ・ボミの印象について、チョコーチが語る。

「"勘"がいい、という表現が一番正しいのではないでしょうか。何かを教えれば、それをすぐに習得するセンスが彼女にはありました。加えて、ゴルフがうまくなるための、努力を惜しまない。ゴルフに対する情熱が、すごくありましたね」

 2013年には、韓国プロゴルフ協会アワードで優秀指導者賞を受賞したチョコーチ。韓国では、名コーチのひとりとして有名だ。日本ツアーにもときどき訪れて、柔和な表情でイ・ボミのプレーを見守っている姿をよく見かける。しかし、イ・ボミに言わせれば、そんなチョコーチも、かつては「鬼コーチ」と呼ばれていたそうだ。

 チョコーチの練習は、とにかく厳しかったという。「クラブを握らない日があってはならない」ということが一番の教えで、イ・ボミも「いくら疲れていても、感覚を鈍らせてはいけない」と口酸っぱく言われ、毎日欠かさずクラブを握って、練習を繰り返したそうだ。

 現に今でも、オフで韓国に帰れば、イ・ボミはチョコーチのいる練習場に必ず足を運んで、コーチとともにスイングチェックするのが日課となっている。

 チョコーチと出会って、急速に成長したイ・ボミ。彼の指導によって、プロとなり、韓国ツアーの賞金女王に輝き、日本ツアーでも頂点に立つまでのトッププレーヤーとなったことは間違いない。ここまでのイ・ボミの活躍は、まさにチョコーチの存在なくしては語れない。

 日本ツアーに参戦するようになってからも、イ・ボミの成績が悪くなったり、不振に陥ったりすると、チョコーチはすかさず来日。イ・ボミのスイングをチェックし、修正を施す。チョコーチが言う。

「(イ・ボミのスイングは)ひと目見れば、何が悪いのかわかります」

 そうやって、チョコーチは日本にやって来ると、1日だけスイングをチェックして、試合に帯同してもすぐに帰るのが常だった。3日間、もしくは4日間のトーナメントを通して帯同することはなく、最終日まで残ることもなかった。

 それが今季、伊藤園レディス(11月13日〜15日/千葉県)では、最後までイ・ボミのラウンドを見届けた。優勝すれば、賞金女王が確定するからだ。そして実際、イ・ボミは"恩師"の目の前で勝利を飾って、目標を達成した。

 チョコーチも、さすがにその姿を見て感激していた。

「ボミが優勝した試合を目の前で見たのは、初めてでした。賞金女王という偉業も成し遂げてくれて、本当にうれしい」

 その際、チョコーチの隣にいたイ・ボミも、照れながらこう語った。

「田舎で育った私に"ゴルフ"というものを教えてくれたのが、コーチでした。もしコーチに出会っていなかったら、今の私はいなかったと思います。人生を変えてくれた恩人です」

 もっとも、2015年シーズンに7勝を挙げて、目標の賞金女王に輝くことができたのは、そんなチョコーチをはじめ、"チーム・イ・ボミ"の存在があってこそ。キャディーの清水重憲氏、トレーナーの渡辺吾児也(わたなべ・あるや)氏、用具契約メーカー『本間ゴルフ』のスタッフ、所属事務所のマネージャー、そして母親が、チームとなってイ・ボミを支えてきた。

 そのため、彼女は賞金女王になれた要因を聞かれるたびに、彼ら、彼女らの名前を挙げて、感謝の気持ちを述べた。

「賞金女王という目標を実現できたのは、私をサポートしてくれたみなさんのおかげ。プレーするにあたっては、キャディーの清水さんが試合前からいろいろなことを考えて、しっかりと準備をしてくれました。トレーナーの渡辺さんは、勝ちたい試合に合わせて、きちんとコンディションを整えてくれました。本間ゴルフのスタッフは、私のスイングやゴルフ場の状況に合わせて万全の状態にクラブを仕上げてくれました。さらに、所属事務所のマネージャーは、私がプレーしやすい環境を常に作ってくれました。そして、毎日お祈りをしてくれた母が、おにぎりやドリンクを作ってくれて、私を支えてくれました。それだけのみなさんが一丸となって、私を全力でサポートしてくれたから、賞金女王を勝ち取ることができたんです。

 また、今年は"チーム"として、より緻密な準備ができていたと思います。そして、その細かい準備の歯車が、ぴったりと合っていました。これこそ、『チームでつかんだ勝利だな』という実感を、優勝するたびに感じていました」

 自らの実力ではなく、「みんなで勝ち取った勝利」と強調するイ・ボミ。いつまでも変わらぬその謙虚な姿勢が、イ・ボミの強さであり、また魅力なのだろう。

(つづく)

text by Kim Myung-Wook
photo by Getty Images