『キャロル』より。来日するケイト・ブランシェット (C) NUMBER 9 FILMS (CAROL) LIMITED / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2014  ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

昨年12月に発表となった第73回ゴールデングローブ賞ノミネーションで、最多の4部門5ノミネートされ、アカデミー賞最有力と目される『キャロル』。この映画で主演をつとめるケイト・ブランシェットが1月22日に来日し、当日都内劇場で行われるジャパンプレミアへ登壇することがわかった。ブランシェットの来日は2007年11月、2010年1月以来6年ぶり3度目。来日して映画のプロモーションを行うのは初めてとなる。

ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラがカンヌでレッドカーペットに登場!/映画『キャロル』

本作は1950年のニューヨークを舞台に、ジャーナリストになる夢を抱きながら、高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズと、娘へのプレゼントを探しにテレーズの前に現れた、エレガントで美しくミステリアスな人妻のキャロルが、同性同士ながらも引かれ合っていく様子を描いた作品。

テレーズを『ドラゴン・タトゥーの女』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたルーニー・マーラ、キャロルを『ブルー・ジャスミン』でアカデミー賞主演女優賞を射止めたブランシェットが演じ、『エデンより彼方に』の鬼才トッド・ヘインズが監督をつとめている。

映画『キャロル』は2月11日より全国公開となる。

【関連記事】
[動画]映画『キャロル』予告編
アカデミー賞主演女優賞受賞のケイト・ブランシェット、受賞直後にタトゥー入れる
[動画]ケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞に輝いた『ブルー・ジャスミン』予告編
【アカデミー賞速報】主演女優賞は『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェット!