麓山高原豚などの福島産素材の魅力が詰まった「福島ホルモン」(540円)

写真拡大

東北自動車道・安達太良サービスエリア(SA)上り線のショッピングコーナーでは、牛タンや笹かまぼこなど、宮城や福島をはじめとする東北各地の名物を取り揃えている。ここでぜひとも買いたいのが、福島産素材の魅力が詰まった「福島ホルモン」(540円)。タレに漬けこまれたホルモンを自宅などで調理するスタイルの商品だ。

【写真を見る】牛タンや笹かまぼこなど、宮城や福島を始めとする東北各地の名物を取り揃えるショッピングコーナー

この商品には、福島県の地場豚である麓山高原豚(はやまこうげんとん)を使用。あっさりとした脂肪が特徴で、その上質な白モツのみを加工している。さらに豚ホルモンの希少部位であるキクアブラを入れることで、甘味とコクをプラスした。

福島県産の果実や大豆を使用した漬けダレにも注目。自然素材の風味がホルモン特有の旨味や甘味を引き立てている。味噌と醤油、2種のタレがあるので、食べ比べするのも楽しい。

福島のおいしい魅力が凝縮されたホルモン。みちのくドライブの道中、チェックしてみては。【東京ウォーカー】