「夜中に急に咳き込んで眠れなくなった」「コンサート会場で激しい咳が止まらず困った」「会議中なのに咳が止まらない」など突然の激しい咳がでると、自分ではコントロールできず慌てますよね。応急処置として咳を留める方法をご紹介しますので、ぜひ覚えておきましょう。

咳が出るのはナゼ?

咳は気道の異物を排除して体を守るために起こります。気道の粘膜は通常は「気道分泌物」で覆われていて自然に呑みこまれる仕組みになっています。しかし細菌・ウイルスの感染が起こり、それらが死滅して分泌物に含まれると粘り気が出て痰となり、異物である痰を取り除こうとして咳が出るのです。

対策1:ホットドリンクを飲む

咳をするとのどや気管の粘膜が乾燥します。乾燥すると痰が出にくくなるので、のどを加湿するとよいでしょう。家庭では加湿器を使うと効果的です。室内では60〜80パーセントの湿度が適正。湿度が上がると細菌やウイルスの繁殖が促進されるので注意してください。外出先では水分を補給することで楽になります。のどは冷えると甲状腺のはたらきが弱まって免疫力がダウンするので、のどを温めるために白湯やお茶などを飲むのがおススメです。飲みものが熱いと粘膜に傷がついて痰の分泌が増えますから、少し冷まして飲みます。外出先で咳が止まらなくなったら、自動販売機などで温かい飲み物を買って飲むとよいでしょう。

対策2:咳止めのツボを押す

腕に咳を止めるツボがあります。「上尺沢(かみしゃくたく)」と呼ばれるツボで、ひじの内側のシワから指二本分手よりのほうにあります。中央よりも親指よりに位置します。「尺沢」はシワを挟んで上尺沢山の対角線上にあるツボで、こちらも同様の効果があります。痛みがあるぐらい強めに押して、円を描くようにすると効果が高まります。

咳が長引く場合は、マイコプラズマ肺炎や百日咳の可能性もあります。まずは内科を受診してお医者さんのチェックを受けましょう。


writer:松尾真佐代