国産初の自動巻腕時計誕生60周年を記念した限定モデル

写真拡大

セイコーウオッチ(東京都港区)は、機械式ウオッチブランド「プレザージュ」から、国産初の自動巻腕時計「オートマチック」誕生60周年を記念した限定モデルを2016年1月15日に発売する。

初代モデルが誕生した1956年当時に採用されていた、通称「蛇S(ヘビエス)」と呼ばれるSマークを本限定モデルにもデザインすることで、歴史の1ページを表現するとともに、特別感を演出した。

また、鏡面仕上げの金属製インデックスに、あえて透明な塗料を吹きかけて艶を抑える、新開発のセミグロス仕上げを採用することで、繊細な美しさと見やすさを兼ね備えている。さらに、文字の端に小さな飾りのついたアラビア数字を配し、バーインデックスにはピンクゴールド色をあしらった。

特別仕様として裏ぶたにはシリアルナンバーを刻印。黒色のホースレザーの替えバンドが付属され、限定専用ボックスに収められている。

「オートマチック」が誕生した1956年にちなんで、1956本限定で発売する。価格は8万円(税別)。