「あぶない刑事」が変えた日本の「刑事モノ」 舘ひろしと柴田恭兵が語る

ざっくり言うと

  • 86年に放映された「あぶない刑事」について舘ひろしと柴田恭兵が語っている
  • 舘は「刑事モノ」は涙を誘うつくりだったが初めて悲壮感を否定したと話した
  • 「カッコイイことに正面からこだわっていた」ことも初の試みだったと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング