我慢はダイエットのためにならず。脳が疲れた時は“甘いモノ+仮眠”が一番!

写真拡大

 ダイエットに挑む女性にとっての難敵は「我慢」との戦いですよね。食べたいものを我慢したり、お腹が空いているのを我慢したり‥‥。だけど「ダイエットで何より大切なことは、我慢しないことなんですよ」というのはエステティシャンのある先生。

「我慢しすぎると反動を呼んでしまい、かえって以前より多く食べてしまうんです。だから我慢しないほうが正解なんです」

 我慢することでストレスを貯めこむよりも、少量で満足できるのなら、それはダイエットのためには無理がなく、良いのだそう。

「少しつまむ程度なら、自分を許した方がずっとラクですよね。食べたいという意思を抑えて生活している方が、限界を越えたときに反動で大食いしてしまうんです。だから、デスクワーク続きで脳が疲労して甘いものがほしくなったら、躊躇せずお菓子などをつまめばいいのです。

 ただし、その際は少量で。脳疲労を解決するイチバンの方法は“寝る”しかないので、甘いものを少しとったら、できれば仮眠するといいでしょう」(前出・エステティシャン)

 なるほど、我慢はカラダにもダイエットにも毒なんですね。とにかくストレスを重ねないことが、スリム化への早道につながりそうですね。