爽やかな「いちごのフレンチトースト」(税別1100円)が登場

写真拡大

■ 1月5日(いちごの日)からスタート

【写真を見る】別添えのバニラアイスやオリジナルソースがイチゴを引き立てる

「cafe accueil 恵比寿(カフェ アクイーユ エビス)」は1月5日(火)から3月31日(木)まで、「とちおとめ」と「あまおう」2種類のイチゴをたっぷり使用した「いちごのフレンチトースト」(税抜1100円)を販売する。

同カフェは「ル パティシエ タカギ」や1903年創業のパリの老舗サロン「サロン・ド・テ アンジェリーナ」などで経験を積んだ、松下祐樹がシェフパティシエを務め、定番のスイーツメニューに加えて数カ月ごとに、その時々の旬な素材を使用した限定メニューを「季節のしあわせシリーズ」として提供。

今回、冬季が旬のイチゴをたっぷり使ったフレンチトースト。芳醇な香りや甘みと酸味のバランスがとれた「とちおとめ」と、果肉の甘みが特徴の「あまおう」の2種類を使用し、オリジナルのアパレイユソースに漬け込んだフレンチトーストとイチゴのバランスが絶妙の一品だ。

さらに、好みに合わせて別添えのバニラアイスクリームやベリーソースをつけることで、また違った味わいを楽しめる。特にベリーソースは、水分を一切使用せずにブルーベリー、カシス、野イチゴ、フランボワーズ、はちみつから作り上げ、果実本来の濃厚な甘みや酸味がしっかり味わえる仕上がり。

少し早い春を感じさせる爽やかなフレンチトーストはいかが?【東京ウォーカー】