写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウォンテッドリーは1月5日、グループチャットアプリ「Sync メッセンジャー」をリリースした。

同アプリが備える主な機能として、以下の5つが挙げられている。

・名指し機能(@メンション)
名指しでメッセージを送信することや、自分宛てのメッセージを一覧で確認することができる。

・招待機能
URLやQRコードでSyncに招待できる。

・全文検索機能
チャットのタイトルだけでなく、メッセージの中身でも検索できる。

・ファイル共有機能
無制限・無期限のファイル共有ができ、スマートフォンからでもパワーポイントやワードなどOfficeファイルの閲覧が可能となっている。

・知り合い検索機能
「Wantedly」のプロフィールと連携し、名前だけでなく、会社名や役職、学歴などから知り合いを検索できる。

なお、ウェブブラウザからの利用に加えて、Windows、Mac、iPhone、Android向けアプリでも提供される。

同社は今後、社外の取引先とFacebook上で仕事することの多いWeb業界のビジネスパーソンをターゲットに利用者を拡大していく予定としている。

(辻)