第56回:2015年

■2015年、今年も年3度の優勝を飾って、
優勝回数は史上最多の35回に伸ばした横綱。
しかし、土俵の外では苦難の連続だった。
その激動の1年を今、横綱が振り返る――。

 早いもので、2015年もあとわずか。振り返ってみれば、1月の初場所(1月場所)を終えたあと、私はこれまでの相撲人生で味わったことのない苦境に立たされました。それで、みなさんにはご心配をおかけしたことを、まずは心からお詫びしたいと思います。

 苦境のきっかけとなったのは、全勝で迎えた13日目、稀勢の里戦です。土俵際で勝負がもつれて、ほぼ同時に土俵の下に落ちました。行司さんの軍配は私に上がったのですが、審判団から物言いが付いて、結果は「同体につき、取り直し」となりました。

 結局、取り直しの相撲は私が勝って、33回目の優勝を飾ることができました。しかし私は、何となく腑に落ちない思いがありました。ゆえにその晩、その日の取り組みを何度も見直しました。優勝を決めた夜ですから、本来であれば清々しい気持ちになっているはずなんですが、余計にモヤモヤした思いが膨らみました。

 もちろん、「同体」という判断は、審判委員の親方たちが決めることですから、私が意見できることではありません。ただ、「同体」と判定した、その理由を説明してほしいなぁ、と思っただけなんです。

 そして、そんな思いを吐露したのが、一夜明けての会見でした。批判する思いはまったくなかったのですが、口から出てしまった言葉は、いろいろな意味で配慮が欠けていました。

「子どもが見てもわかる相撲。もう少し緊張感を持ってやってほしい」

「審判批判」ととらえられても仕方のない発言でした。それ以来、報道陣の方々の私に対する接し方が、180度変わってしまいました。

 質問される内容は、「審判批判」に関することばかり。私が何か語れば、また物議を醸しそうなピリピリしたムードになっていました。それで私は、私が口を開いたとしても、真意は伝わらないのではないかと思って、あえて口を閉ざすことにしました。

 でもそれが、かえって報道陣のみなさんの反感を買ったようでした。私が考えてもいないようなことが世の中に伝えられ、かなりのバッシングを受けました。

 そうした状況は、春場所(3月場所)を迎えても続いていました。そのため、私は場所中でも口を閉ざすことにしました。それは、私にとっても、正直つらいことでした。喋らないことで、さらに叩かれましたしね。とにかく私は、厳しい精神状態の中、結果を出すことだけに集中していました。

 その間、ファンの方にはご心配をかけ、多くの関係者の方々には嫌な思いをさせてしまったかもしれません。それについては、本当に申し訳なく思っています。

 人は、1000回良いことをしても、たった1回の失敗で、状況が一変します。周囲の目や評価が、ガラッと変わってしまいます。

 そのことを痛感させられた1年でした。逆に言えば、そうしたことが身にしみてわかったという意味では、私自身の成長につながったと思います。

 先の九州場所(11月場所)では、思わぬ出来事がありました。13日目、11月20日に日本相撲協会の北の湖理事長が急逝されました。私は、あまりにも突然のことで、心にぽっかり穴が開いたような感覚になってしまいました。

 この場所が始まる前、秋場所(9月場所)を途中休場した私は、出場するか否か悩んでいました。しかし、私は出場を決断。36回目の優勝を目指して、それを実現する強い気持ちを持っていました。

 そして、初日が始まって徐々に相撲勘を取り戻してきた私は、中日まで8戦全勝。横綱であっても、まずは勝ち越すことが第一の目標ですから、それを決められてホッとしました。その結果を受けて、私は10日目の栃煌山戦で、これまでやったことのない猫だましを繰り出してみました。これがまた、相当な物議を呼んでしまいましたね。

 ともあれ、12日目まで全勝を続けた私ですが、13日目に日馬富士と対戦。動きがキレていた日馬富士に、私の体はついていけていませんでした。寄り倒しで、この場所初の黒星を喫しました。

 すると、その後の14日目(照ノ富士戦)、千秋楽(鶴竜戦)は、もはや息切れ状態。ともに、まったく自分の相撲が取れず、簡単に寄り切られてしまいました。まだ62歳で、志半ばでこの世を去った理事長のためにも、優勝という結果を残したかったのですが、それは叶いませんでした。

 思わず「私ももう歳なのかなぁ〜」と弱気になってしまいましたが、理事長が亡くなられたショックを引きずっていたのも確かです。終盤は、張り詰めていた糸が完全に切れてしまったようでした。

 理事長は、10日目の私の猫だましに関して、厳しい意見を述べられていたようですが、実際におっしゃっていたこととは、少し違う形で報道されたようです。そのことは、人づてに聞きました。あらゆる場面で叱咤激励してくださったことは、本当に感謝しております。

 理事長、すなわち北の湖関のことは、私もいろいろな方々に教えていただきました。1970年代半ばから1980年代前半にかけて、輪島関とともに「輪湖時代」を築き、自らに厳しく相撲道を歩んでこられたとうかがっています。

 協会のトップに立ってからは、私たち力士の目線に立って、何事にも取り組んでくれていました。力士のことをとても大切にしてくださる方で、非常に懐の深い方でした。

 モンゴル人力士の先輩、朝青龍関が起こしたことに関しても、我がことのように心を痛め、対策に奔走されていました。そして、慌しい中にあっても、私をはじめ、力士みんなにさりげなく声をかけて、励ましてくださいました。

 また、相撲界は一時不祥事が続いて、低迷していました。そこから、今の活気ある相撲界に建て直されたのも、理事長でした。

 尊敬する大鵬関に続いて、超えることのできない"大きな方"を失ったことは、本当に悲しいことです。しかし、我々は理事長の意志を継いで、これからも相撲界を盛り上げていかなければいけません。理事長がいつもおっしゃっていた「土俵の充実」を実現すべく、なお一層がんばっていく所存です。

 こうして振り返ってみても、今年はさまざまなことがあった、激動の1年だったなと思います。名古屋場所(7月場所)後には、モンゴルの大先輩である旭天鵬関が引退しました。横綱になって以来、初の休場を経験し、所属する宮城野部屋の移転もありました。

 そんな1年を、漢字一字で表すとしたら、迷わず「成」を挙げます。いろいろなことを経験して、少しだけ成長したと思うからです。

 来る2016年、成長した白鵬がどれだけ羽ばたけるのか。これまでと変わらず見守っていただければ、うれしく思います。

武田葉月●文 text by Takeda Hazuki