株価上昇が期待できる2016年、「投資のプロ」である、カブ知恵代表の藤井英敏氏、グローバルリンクアドバイザーズ代表の戸松信博氏、日経CNBCコメンテーターを務める平野憲一氏(ケイ・アセット代表)の3氏が、1年間で株価3倍も狙える爆騰期待の大化け株を厳選した。
 
 まず、3氏が揃って最有力候補に挙げるのが「バイオ・医薬」関連だ。画期的な新薬の開発が業績に大きく跳ね返り、株価を大きく押し上げる爆発力が期待できるという。

 藤井英敏氏の一押しは、バイオ創薬ベンチャーのそーせいグループ(マザーズ・4565)だ。

「2015年2月に買収した英国の子会社がファイザーと資本業務提携するなど大手製薬会社との提携を積極的に拡大しているのが最大の注目。株価は昨年の1年間で2倍以上になりましたが、こんなものではないはず。現在の株価は1万円前後で証券アナリストの間では目標株価を1万5000円前後としていますが、まだまだ上値が望める。長い目で見れば、ここから10倍以上になってもおかしくない」

 平野憲一氏は、米ナスダック市場にも上場している創薬ベンチャーのメディシノバ(ジャスダック・4875)を推す。

「米国で大きな問題となっている非アルコール性肝炎をはじめ薬物依存症、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の新薬を開発中で、これらが実現すれば、夢の株価になる可能性があります」

 戸松信博氏は画期的な新薬の爆発力に期待して次の2社を挙げる。

「参天製薬(東証1部・4536)は加齢黄斑変性症治療薬『アイリーア』の売り上げが爆発的に伸びており、今後も大きな期待が持てます。小野薬品工業(東証1部・4528)は『オプジーボ』というがんの治療薬があり、従来は皮膚がんのみとされてきましたが、その他のがんに対しても有効であることがわかり始めました。現在、臨床試験を進めており、過去最大級のがん治療薬になる可能性を秘めています」

※週刊ポスト2016年1月15・22日号