ついに発売、オキュラス・リフト。お値段いくら?

写真拡大

ヴァーチャルリアリティを代表するアイテム、オキュラス・リフト(Rift)がついに一般消費者の手に届く日がやってきた。オキュラス社は、現地時間の2015年1月6日に、プレオープンを開始することを発表した。(本文下に追記あり)

「ついに発売、オキュラス・リフト。お値段いくら?」の写真・リンク付きの記事はこちら

オキュラスは、コンシューマー向けヴァーチャルリアリティー(VR)ヘッドセット「Rift」の予約を1月6日午前8時(太平洋時)から始めると発表した。しかし、その値段がいくらになるかは、まだ発表されていない。

今回のコンシューマー向けヴァージョンには、『Lucky’s Tale』というタイトルのゲームがバンドルされる。このスーパーマリオ系3Dプラットフォームのゲームは、オキュラスの体験イベントで最も人気のあったゲームのひとつである。予約者には、『Eve: Valkyrie』というタイトルも用意されている。この宇宙空間の格闘ゲームも、オキュラスの体験イベントで何年にもわたって存在感を保ってきた。

RiftはVR体験を完璧なものにしてくれるだろうが、そのコストを下げてくれるわけではない。早々に購入したい人は、その価格に驚く用意が必要そうだ。

「VRは、誰よりも先に手に入れたくなるものだ」と、オキュラス創業者パーマー・ラッキーはちょうどクリスマスの前にツイートしている。「これからの技術革新と大量生産によって、VRはあらゆる人の手にわたるだろう。しかし、第一世代となるのは、アーリーアダプターだ。数百ドル払って既存の低価格ノートPCを使おうとする人はたくさんいる」

ならば、(Riftの価格も)「数百ドル」ではないのだろう。オキュラスは予約受付の開始と同時に価格を発表するようで、ラッキー氏はその日遅くには、Redditにおいてすべての質問に答えるだろうという情報がすでに出回っている。

[2016.01.07追記:オキュラスのプレオーダーサイトがローンチし、価格は599米ドルであることが判明している。発送は2016年5月が予定されている。ちなみに、現時点では「1名様1点限り」だ。]

関連記事オキュラスを生んだパーマー・ラッキーとは何者か?

TAG

GameHMDOculus RiftVRWIRED US