リフォームといえば、長寿番組『大改造!! 劇的ビフォーアフター』(朝日放送)が連想される。この番組をリフォーム専門紙である『リフォーム産業新聞』の金子裕介編集長(34才)はどう見るのだろうか。

「あれはリフォームというより、リノベーション(既存の建物に大規模な工事を行うこと。刷新)。確かにビフォーアフターは画期的ですが、それに勝るとも劣らない大きな変化が業界の中で起こっています」(金子さん、以下「」内同)

『リフォーム産業新聞』は、1987年創刊、毎週火曜日(月4回)発行される専門紙。その発行部数は4万部ほどだ。ともかく、新築戸数の減少が止まらない。バブル期の1989年には、年間167万戸あった新築が、ここ数年間は90万戸まで落ちている。

「人口も世帯数も、今後、増加する見込みがありません。新築業界はこれから厳しくなるでしょうね」

 新築より今住んでいる家に手を入れたほうがいい──と判断する人が増え、リフォーム業界が盛り上がってきている。新規の業者も参入して大きな市場になる、と野村総研は予測している。

 そして、ここ数年で増えたのが、リフォーム業と不動産業が合体したような、“リフォーム済み中古住宅”の販売だ。

「今、地方では空き家が大きな社会問題になっていますが、それを買い取ってリフォームし、安く提供する会社が業績を伸ばしています。たとえば、とある田舎町で土地建物込みで1998万円でリフォーム販売している物件があります(敷地面積 83坪、建築面積36坪、築31年)。できるだけ安い価格で、どれだけデザイン性の高いリフォームができるか。業者の腕の見せどころなんですよ」

 この会社は1年間で3100軒を売り上げたそうで、当初は、年収が低い若い夫婦を想定して販売したが、意外にも、長期ローンが組めないながらも終の棲家を求めている50代、60代の中高年夫婦の需要が多かったという。金子さんは、中古住宅を買うメリットは3つあると言う。

「1つは新築より値段が安く手に入ること。2つめは、立地が選びやすいこと。都心の駅近くに一戸建てが欲しい場合、新築となると難しいですが、中古物件なら可能です。そして、3つめは資産価値が落ちにくいこと。家は20年もたつと、上物の価値はほぼゼロで、土地だけの価値になる。ということは、築20年で買ったら、値崩れ幅が少ないというわけです」

 こうしてすでにリフォーム済みの中古物件を買ったり、中古物件を買って自分のライフスタイルに合わせてリフォームをする人が、ここ数年、増えていると言うのだ。

※女性セブン2016年1月21日号