空気が乾燥する季節になると唇が乾燥したり、荒れたりするという人は、リップクリームなど体の外側からの保湿ケアに加えて、乾燥を防ぐために体の内側からもケアが必要です。ここでは唇の乾燥・荒れの原因と唇の乾燥に効能が高い栄養素についてとりあげてみました。

歯磨き粉やリップクリームも原因?!

唇の乾燥・荒れの要因としては、乾燥や紫外線が挙げられます。唇をなめることによって唾液がつき、かぶれて症状がひどくなるケースもあります。口紅の油性成分のラノリン、ヒマシ油や、タール色素、保存料パラベン、つや出し剤エステルガムや香料、紫外線吸収剤なども唇にダメージを与えることを知っておきましょう。歯磨き粉に含まれる歯磨剤も要注意。さらにリップクリームも皮膚の弱い人が使ったり、塗り過ぎたりすると症状を悪化させるのです!

ビタミンB群で唇を健康に保とう

ビタミンB2は「お肌のビタミン」といわれるほど、唇やお肌の健康に効果の高い成分。唇や口内の粘膜を保護して炎症を起こりにくくするので、口内炎の予防・改善が期待されます。またビタミンB2は糖質やたんぱく質を分解しますが、脂質を主に分解する成分。皮脂の分泌自体も調整する作用があるので、ニキビ予防に効果的です。脂肪が燃焼されるのでダイエットをしている人にもおススメ。さらに、ビタミンB2には抗酸化作用もあります。脂肪の酸化を防ぐことで細胞死を招く過酸化脂質の生成を抑制、その結果アンチエイジングに効果的だといわれます。

ビタミンB2はどんな食品から摂る?

ビタミンB2は豚や牛のレバーに多く含まれます。動物性食品では、うなぎのかば焼き、卵、さんまに豊富。植物性食品では、小麦胚芽、納豆、モロヘイヤ、アボカドに多くなっています。ビタミンB2は、水溶性ビタミンなので、食べものやサプリから摂っても、数時間たつと汗・尿となって体の外へ出てしまいます。朝、晩など時間をあけて摂ると効果的です。サプリを飲む場合は、空腹時を避けると脂肪燃焼力がアップします。またビタミンB2は他のビタミンB群と一緒に摂ることで効果が高まります。


writer:松尾真佐代