SMAP、TOKIO、嵐etc…ジャニーズからガチで年賀状が来た理由
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

「年賀状、ください」

 昨年末、やけに精力的に流された、嵐の年賀状CM。メンバーが年賀状の思い出を語ったり、賀状をもらう嬉しさを表現するなど、その意気込みはまるで選挙の応援演説のようでした。

 嵐の言わんとすることは分かる。でも「どうせくれないくせに……」と、冷ややかに見ていた人も多かった。私も、そのひとりです。

……が、そこは国民的アイドルたる嵐。

 元旦、寝ぼけまなこでポストを覗くと、なんと嵐から年賀状が来ているじゃないですか! それも私製のDMでなく、官製のお年玉つきハガキによるガチな年賀状!!

 震える手で残りのハガキも取り出すと、まさかのSMAP、TOKIO、KinKi Kidsなどなど、他のジャニーズからも年賀状が来ています。いったい、どうして……!?

◆年賀状を出した理由はCM?

 思い起こせば、2014年の元旦にも、唐突にジャニーズから年賀状が来たことがありました。でもこの時は、「郵便料金が改定されるから、余ったハガキを消化したんじゃね?」と推測され、その証拠に、2015年は来なかったのです。

「じゃあなぜ今年再開したか?」ですが、そこはやはり大々的に年賀状のCMキャラを務めておきながら、自分が出さないってのはないわな、との判断が働いたものと思われます。

 ただし、相手は送り先のつかめている相手――すなわち、ファンクラブの会員が対象になったのではないか。

 嵐でなく、他のジャニーズのFC会員には、該当のタレントから年賀状が届きました。いずれも、タレントの写真と手書きサインやメッセージが印刷されています。

 で、この年賀状、マジで普通の官製年賀ハガキ(単面無地)が使われているのです。

 インクジェット紙ではないため、写真に温もりあるにじみが出て、そこが逆に手作り感を強調。“あれほど言ったのにインクジェットじゃなくて普通のハガキを買ってきちゃったお母さんにダメ出ししながら彼が渋々お家のプリンターで印刷した年賀状”っぽい、とでも言いますか。

◆亀梨くんのメッセージに涙

 気になる写真ですが、たとえば嵐は全員グレーのジャケット姿でにこやかにピース! タッキー&翼は、羽織袴姿でうやうやしく正座しています。

 一方、KAT-TUNの4人は黒のスーツ姿。おだやかに微笑む中丸雄一さん、田口淳之介さん、何か決意するように右の拳を握りしめる上田竜也さん。

 亀梨和也さんに至っては、両手を頭の上にのせ、おサルのウッキッキポーズを取っています。いろいろ複雑な心境だろうに、コミカルにおどけてみせる、そのメンタルの強さ健気さ。「今年も一年笑顔が溢れる年に……!!」とのメッセージに、むしろ涙がにじみそう。

 思わず、「今年も精一杯亀梨くんを応援しよう!」と決意してしまうのでした。

 LINEやメールもいいけれど、年賀状は恋の実弾です。「いい年だし、ジャニヲタ卒業しようかな」と思った矢先、ふわっと舞い込むハガキ1枚。「やっぱり好き!」と自覚させ、新年早々ヲタを甘い鎖でつないでみせる。

 女心の操縦桿を離さない、困ったジャニーズ! 果たして来年も、年賀状をくれるでしょうか……?

【VS嵐】
毎週木曜19:00〜フジテレビ系で放送中。1月7日の放送には、長瀬智也さん率いるドラマ「フラジャイル」チームが参戦!http://www.fujitv.co.jp/vs_arashi/

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』