松山英樹、石川遼ら日本勢の変動は?(撮影:米山聡明)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 2016年最初の男子世界ランキングが1月3日に発表され、松山英樹は日本勢最高位の15位で変動はなし。リオオリンピック出場権を得る日本勢2番手の58位には片山晋呉がつけている。その他池田勇太が前回と変わらず86位、石川遼も103位で変動はなかった。

 ランキングトップ10も年末からの変化はなく、ジョーダン・スピース(米国)が1位をキープ、2位にジェイソン・デイ(オーストラリア)、3位にはローリー・マキロイ(北アイルランド)が続いている。
【男子世界ランキング】
1位:ジョーダン・スピース(11.33pt)
2位:ジェイソン・デイ(10.76pt)
3位:ローリー・マキロイ(10.53pt)
4位:バッバ・ワトソン(7.80pt)
5位:ヘンリック・ステンソン(7.22pt)
6位:リッキー・ファウラー(7.00pt)
7位:ジャスティン・ローズ(6.91pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(6.02pt)
9位:ジム・フューリク(5.49pt)
10位:パトリック・リード(4.61pt)
15位:松山英樹(3.95pt)
58位:片山晋呉(2.21pt)
86位:池田勇太(1.71pt)
91位:宮里優作(1.60pt)
94位:藤本佳則(1.57pt)
103位:石川遼(1.51pt)
110位:岩田寛(1.41pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
今でもジョン・デーリーが愛されるワケ
2015年終了時の日本代表は松山英樹と片山晋呉  リオ五輪男子ゴルフ
【最新クラブ打ってみた】メジャー覇者がぞっこん!M-1の実力は?
メジャー制覇、1億円プレーヤー、賞金女王…女子プロたちが語る2016年の抱負