画像

写真拡大

 BASEは、メルカリを引受先とした最大4.5億円の第三者割当増資を実施した。今回の資金調達により、ショッピングアプリ「BASE」のダウンロード数増加を見込んだプロモーション及び、人員採用の強化を行う。

 BASEは、メルカリを引受先とした最大4.5億円の第三者割当増資を実施し、資本業務提携を締結した。同提携により、両社はBtoCとCtoCの各領域で培ってきたノウハウを活用し、サービスでの連携を進める。

 BASEは今回の資金調達により、ショッピングアプリ「BASE」のダウンロード数増加を見込んだプロモーション及び、人員採用の強化を行う。なお、同提携に伴い、メルカリの取締役である小泉文明氏がBASEの取締役に、プリンシパルエンジニアの長野雅広氏(kazeburo)が技術アドバイザーに就任した。

MarkeZine編集部[著]