女子も稼ぐほうがモテる!? 男性が結婚相手に求める年収ランキング

写真拡大

年収が多いと男性から引かれやすいのか、それとも魅力的に見えやすいのか。女性の社会進出が増え、社会的地位が男性と逆転現象を起こすこともある今。結婚相手にはどの位の年収を求めるものなのか、正直なところを社会人男性に聞いてみました。

Q.男性に質問です。結婚相手に求める年収はいくらですか?

1位 女性に年収は求めない……38.5%
2位 300万円以上〜400万円未満……16.5%
3位 200万円以上〜300万円未満14.7%
同率3位 400万円以上〜500万円未満……14.7%
5位 100万円以上〜200万円未満……5.5%
6位 1,000万円以上……4.6%
7位 600万円以上〜700万円未満……3.7%
8位 500万円以上〜600万円未満……0.9%
同率8位 800万円以上〜900万円未満……0.9%

今回のアンケートでは、なんと約4割の男性が女性には年収を求めていないことが判明。これは「気にしない」ということなのか、それとも「あんまり働いてほしくない」ということなのか。詳しく意見を聞いてみましょう。

■女性に年収は求めない

・「出来れば稼ぎはあったほうがいいが、一緒にいてくれるだけでいい」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「女性の年収よりも自分の年収のほうが大事だと思うし、自分の収入だけで養っていきたいと思っているから」(27歳/情報・IT/技術職)

男性が結婚相手に年収を求めない理由としてよく挙げられていたのが、「気にしない」と「自分が養いたい」という2つの意見。前者ならバリバリ働いても引かれなさそうですが、後者の男性だと、結婚したらいずれ家庭に入ることを求められそう?

■300万円以上〜400万円未満

・「自分と同じくらいか、それに近い額を稼いでもらって、余裕のある生活をしたいから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分と合わせて800万円あれば生活には困らないと思うから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

年収を求めない男性が多いとはいえ、やはり世知辛い昨今。女性にもある程度の年収を求めている男性もそれなりに多いよう。余裕のある暮らし、何かあったときにも安心して暮らすには、女性もそれなりに働けたほうが家庭的には助かりますよね。

■200万円以上〜300万円未満

・「無理には求めないが、収入を得ているなら自身が自活出来るくらいのものであってほしい。そこから得ている感覚的なものは、後々にも役立つ筈」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他個)

・「自分の収入を補う程度の収入があれば十分だから」(32歳/学校・教育関連/専門職)

また社会人としての感覚を失わないために、最低限自活できる位の年収を求める男性も。社会人的な感覚は働いていないと確かに身につきにくいもの。また何かあったときに家計収入を補ってもらえるのも男性としては助かるよう。

■400万円以上〜500万円未満

・「自分に何かがあっても問題ないため」(28歳/金融・証券/専門職)

・「自分の稼ぎが少ないから」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

さらには自分の稼ぎが少ないため、またはよりよい暮らしのために男性と肩を張る位の年収を求めている人もいました。家庭内で主導権争いが起こりそうではありますが、すべての男性が必ずしも高収入とは言えない今、ある意味仕方がないことかもしれません。

年収の高さや低さはそれほど気にしていない男性も多いようですが、女性の年収に期待を込めている人や、また女性が一定の年収を持つことに意義を感じている人も少なからずいました。バリバリ働く女性がモテる時代は、もしかしたらこれからかも!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数109件。22歳〜39歳の社会人男性)