誰もが願う幸福で長生きshutterstock.com

写真拡大

 年の初めに誰もが願う犢せで長生き瓠しかし、幸福度と健康状態や死亡リスクとの間に相関性はあるのか?幸福だと感じている人ほど長生きする、あるいは不幸だと感じている人ほど短命だというのは本当か? この半ば定説になりつつあるテーマに医学的な見地で切り込んだ研究がある。

 オーストラリア・University of New South WalesのBette Liu氏らは、70万人超の英国人女性を約10年間追跡した研究成果を医学論文の発表媒体として世界でもっとも権威がある雑誌のひとつ、ランセット(2015年12月9日オンライン版)に報告した。

健康状態が悪いと幸福度は低下するものの、幸福度が低いこと自体が、全死亡やがん死、虚血性心疾患(IHD)死などのリスクに直接影響するわけではないとしている。

約70万人の女性を10年近く追跡調査

 研究の対象は、英国の経年的追跡調査研究(コホート研究)UK Million Women Studyに1996〜2001年に登録された中年女性71万9,671人(年齢中央値59歳)。登録から3年後に実施された健康指標や食生活習慣等のベースライン調査で、心疾患や脳卒中、COPD、がんに罹患していない女性で、2012年1月1日まで追跡を実施した。

 ベースライン調査では質問票を用いて幸福度を評価。「幸せを感じる頻度は?」という質問に対し,,曚箸鵑匹い弔皚△燭い討き時々い曚箸鵑百兇犬覆/全く感じない―のいずれかを選択してもらった。このうちとい髻嵒垤」に分類している。さらに主要な疾患の有無や自己評価による健康状態を「極めて良い」「良い」「普通」「不良」に区分して質問している。
 
 その結果、ベースライン調査時の健康状態が悪いことは、不幸であることと強く関連性を持っていたものの、不幸であることと全死亡リスクとの関連は認められなかった。さらに高血圧、糖尿病、喘息、関節炎、うつ、不安、社会人口学的因子および生活習慣因子(貧困、喫煙、BMIなど)で調整して解析した結果。不幸であることは全死亡、虚血性心疾患による死亡、がんによる死亡との関連性は見られなかった。
 
 つまり、幸せと感じている女性と不幸と感じている女性との間に死亡リスクの差はないことが明らかにされたのだ。

 Liu氏らは「中年女性において、健康状態の悪さは不幸な気持ちの原因となりうることが示された。しかし、その関連に影響しうる因子を考慮して解析したところ、幸福度そのものは死亡リスクに全く影響していないことが分かった」と結論づけている。

 さらに、不幸だと感じていることが健康を悪化させると誤解している人が多いこと。不幸であると感じるのは喫煙や飲酒、肥満、運動不足などといった生活習慣因子に関連していて、こうした因子が間接的に健康状態を悪化させている可能性もあるとも指摘している。
 
幸福を科学的に定義することはできるのか?

 こうした調査で、幸福度の判定方法がどれだけ科学的なのかが気になるところ。幸せを定義するにはあまりにも変数が多すぎる。現時点で確立された幸福度の評価法は存在しないのか?

 2002年にノーベル経済学賞をとった行動経済学者ダニエル・カーネマンは、著書『ダニエル・カーネマン心理と経済を語る』に収められた論文の中で、U指数という概念を提唱している。U指数とは「不快(unpleasent)」「好ましくないもの(undesirable)」の頭文字をとったもので、いわば精神的な不快指数を示している。

 カーネマンはアメリカ中西部で1000人の女性を対象にU指数を計測。女性たちが不快な状態で過ごしていた時間を指数を元に多い順に挙げていくと、「朝の通勤時間」「業務時間中」が最も多く、反対に不快を感じる時間が少なかったのが「セックスをしている時間」「社交に費やす時間」だった。

これらの点から、カーネマン「幸福とは、自分の愛する人、自分を愛している人とともに時間を過ごすことだと言っても、あながち言い過ぎではない」としている。

 これもまだまだ科学的とはいえなさそうだ。幸福の定義に曖昧さが残る。

佐藤弥(医学研究科特定准教授)らの研究グループは、脳の構造を計測する磁気共鳴画像(MRI)と幸福度などを調べる質問紙で調査した。その結果、右半球の楔前部(頭頂葉の内側面にある領域)の灰白質体積と主観的幸福の間に関係があることが分かったという。

「より強く幸福を感じる人は、脳の特定部位が大きい」というのである。脳に適切な刺激を与える、たとえば瞑想をすることで、幸福を感じる度合いが高まることも分かったという。

 幸福と健康(病気)の関係を語るうえで、医学以外の要因、たとえば、社会的な環境の要因を外すことはできない。年齢別、男女差、異文化(宗教観)、社会的な格差などの要因を加味することで、ひとりの人間が病気になったとき、幸福(不幸)の度合いがどう変化するのかが見えてくるはずだ。これを大規模で長期間にわたって実施するためのランダム化比較試験(RCT)をする必要がある。ビッグデータのような先進技術や、人工知能技術を活用することも期待される。

 将来的には健康や医学の側面から幸福介入できるプロトコールができるかもしれない。
(文=編集部)