ちょっと一服・・・

写真拡大

喫煙者にとっては、肩身の狭い社会になった。全面禁煙のオフィスが増え、狭い喫煙ルームで、肩を寄せあいながらタバコを吸っている人も、いるかもしれない。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査(2014年)」(15年12月9日発表)によると、タバコを「毎日吸っている」または「時々吸う日がある」人は19.6%。性別ごとにみると、男性で 32.2%、女性で8.5%だった。男性が前年と同じだったのに対し、女性では0.3ポイント増。

ツイッターでは、「女性が上昇・・・マジですか!」との声もあがった。一方、調査によると、「禁煙したい」人の割合は、男性より女性の方が高い。ネットでは、「タバコをやめたくてもやめられない」女性たちをめぐり、様々な声が飛び交っている。

「やめられない」

ツイッターでは、女性らしきアカウントの、こんなつぶやきが見つかった。

「職場で誕生日を祝ってもらって嬉しいんだけど、プレゼントにたばこって・・・素直に喜べないやぁ。禁煙する気がなければ嬉しかったけど、来年の目標は禁煙なんだよね(´`)」

「国民健康・栄養調査」によると、喫煙者のうち「たばこをやめたいと思う」人の割合は、男性で26.5%、女性で38.2%。女性の方が男性より、「やめたい」割合が約12ポイントも高い。理由はわからないが、世代別で見ると、男性では全世代で「やめたい」割合がそれほど変わらないのに対し、女性では「30代」が「50.7%」と、全体平均(38.2%)に突出して高い。若いころはそれほどでもないが、アラサーになると、健康や美容面を気にし始める女性が増える・・・のだろうか。

ツイッターでは、女性たちの悩ましい声が多々見つかった。「煙草やめたら?って言われたけど、やめられない・・・」、「禁煙しなきゃな、と思いつつ結局できてないっていう」など、周りから禁煙を勧められてもやめられない!という女性も、結構いるようだ。

「ストレス溜まるんだろな・・・」

一方、タバコを吸う女性に、少なからず『理解』を示す声も、少なくない。ツイッターでは、「喫煙所でタバコ吸ってる女性会社員、その気持ち凄くわかる」というビジネスパーソンもいれば、「某社が入ってるビルにうちの会社があるんだが、喫煙所の女性比率がとても高い。ストレス溜まるんだろな・・・」と、色々『察する』人も。

女性がタバコを吸う姿を、肯定的にとらえる人もいる。ツイッターでは、「退職される女性社員さんが、隣でメンソールのタバコ吸ってて、カッコいい女性の喫煙は絵になるなぁと思いながら眺めてた」と、想像をふくらませているらしき男性の声も見つかった。女性の喫煙者は、男性よりも少ないからこそ、色んな意味で(?)目立ってしまうのかもしれない。(KH)