写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERT/CCは1月4日、Adobe Flash Playerに複数の脆弱性があるとして、注意を呼びかけた。遠隔の第三者は、これら脆弱性を悪用する細工したコンテンツをユーザーに開かせることで、Adobe Flash Player を不正終了させたり、任意のコードを実行させたりするおそれがあるという。

一方、Adobe Systemsは2015年12月28日(現地時間)、CVE番号ベースで19件の脆弱性(CVE-2015-8459, CVE-2015-8460, CVE-2015-8634, CVE-2015-8635, CVE-2015-8636, CVE-2015-8638, CVE-2015-8639, CVE-2015-8640, CVE-2015-8641, CVE-2015-8642, CVE-2015-8643, CVE-2015-8644, CVE-2015-8645, CVE-2015-8646, CVE-2015-8647, CVE-2015-8648, CVE-2015-8649, CVE-2015-8650, CVE-2015-8651)を修正する「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。

Adobe Systemsによれば、今回のアップデートにて修正される脆弱性(CVE-2015-8651)を悪用する、限定的な標的型攻撃を確認しているとのこと。

対象となる製品とバージョンは以下のとおり。

・Adobe Flash Player 20.0.0.228 およびそれ以前(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome)
・Adobe Flash Player 20.0.0.235 およびそれ以前(Mozilla Firefox、Apple Safari など)

対策として、以下の最新のバージョンに更新する必要がある。

・Adobe Flash Player 20.0.0.267(Internet Explorer (Windows 8, 8.1 及び 10)、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefox など)
・Adobe Flash Player 20.0.0.270(Internet Explorer)

Adobe Flash Playerが標準で同梱されているWindows 8用Internet Explorer 10、Windows 8.1/10用Internet Explorer 11、Microsoft Edgeは、Windows Updateなどで最新のFlash Playerが更新プログラムとして提供される。

同様に、Flash Playerが標準で同梱されているGoogle Chromeでは、Google Chromeのアップデート時にAdobe Flash Playerが更新される。