大分がG大阪HCを務めていた片野坂知宏氏の監督就任を発表…現役時代は大分でもプレー

写真拡大

▽大分は4日、2016シーズンの監督にG大阪のヘッドコーチを務めていた片野坂知宏氏(44)が就任することを発表した。

▽片野坂氏は、現役時代に2シーズン大分でプレー経験があり、引退後は大分で強化部やU-15のコーチを務めていた。その後、G大阪、広島でもコーチを務めている。片野坂氏は大分を通じてコメント。クラブとの縁を感じたと語り、意気込みを述べている。

「今シーズンから大分トリニータの監督に就任することになりました片野坂知宏です。監督就任に至っては、大分トリニータへの恩と縁を深く感じ、それを恩返しするときがきたと感じたからです」

「今シーズン、難しいシーズンになると思いますが、目標を達成するために全てをトリニータのために力を注いで頑張りたいと思います。皆さんのサポート、ご支援どうかよろしくお願いいたします」

▽また、2年間ヘッドコーチを務めたG大阪を通じてもコメントしている。

「2年間、短い期間でしたが、たくさんのいい経験をさせていただいて、有難うございました。自分のわがままを聞いて頂いたチームに感謝しています。いい経験をさせて頂いた選手にも感謝します。この2年間の経験を次のステージにしっかりと活かして頑張りたいと思います」

「最後にガンバ大阪が今後も数々のタイトルを獲り、さらにビッグクラブになっていくことを陰ながら応援しています。本当に有難うございました」