写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年の年頭にあたり、さまざまな企業の代表者による挨拶が発表された。本稿では、グリー代表取締役会長兼社長 田中良和氏の年頭所感を紹介しよう。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

創立11周年を迎えた昨年は、主力事業であるゲームで複数の新作タイトルをリリースするとともに、第二の柱を創出するため、さまざまな新規事業に取り組みました。特に注力しているヘルスケアプラットフォーム事業では「Lespas」を、住まいプラットフォーム事業では「LIMIA」の提供を開始しました。

新規事業への取り組みから成長の芽が見え始めた一方で、長期の運営実績を持つゲームを中心に、運営スタッフがお客さまと直接触れ合う、「ファン感謝イベント」の開催にも取り組みました。今後もゲームに限らず、お客さまとの交流の場を増やし、長く愛されるサービスを育てていきます。

またグリーは事業で得た知見を社会へ還元すべく、インターネットを正しく利用するための啓発活動にも取り組んでいます。昨年はゲームづくりのノウハウを生かし、中高生が楽しみながら情報モラルを学べる啓発アプリ「魂の交渉屋とボクの物語」をリリースしました。

2016年もゲーム事業では「追憶の青」など新作のリリースを複数予定しており、新規事業とともに全社を挙げて業績反転に取り組みます。さらに、バーチャルリアリティの専門スタジオ「GREE VR Studio」をはじめ、10年、20年後に振り返ったとき、2016年が転換点だったと言われるようなサービスを生み出すための挑戦も続けていきます。

なお、2015年に弊誌にて掲載したグリーに関する記事は下記の通り。

グリー子会社、動画制作から運用まで行うマーケティングサービス開始
GREE、500以上の事業者・専門家が参画する"住まいのプラットフォーム"
グリー、スマートフォン向けアナリティクスツール「adjust」の販売を開始