写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年の年頭にあたり、リコーの代表取締役 社長 執行役員を務める三浦善司氏は、以下の年頭所感を発表した。

2016年も「モノ+コト」の形でトータルソリューションを

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年の世界経済を見ると、全体として緩やかな回復が続き、また成長率においては、先進国で緩やかに上昇、新興国で徐々に低下という傾向となりました。そのような状況下で、当社は主力のカラー複合機/モノクロ複合機の販売を全世界で伸ばしシェアを拡大するとともに、サービス事業の強化を図ることで、お客様に提供する価値をさらに高めてまいりました。また、オフィス向け事業で培った技術力とノウハウをベースに、商用印刷や3D プリンター、産業用インクジェット印刷、ファクトリーオートメーション、車載関連などのインダストリ事業領域も着実に成長させてきました。

2016 年もリコーグループ一丸となって変化するお客様のニーズに対応するため、オフィス事業領域ではプリンティングソリューションとビジュアルコミュニケーション製品、ITサービスなどを組み合わせることによって、「モノ+コト」の形でトータルソリューションを提供いたします。またその他の事業領域においても、得意とする光学技術、画像処理技術を基盤としてさらなる拡大を図ります。

最後に、今年の 2 月 6 日には、リコーの前身である理研感光紙株式会社の設立から 80 周年を迎えます。ここを一つの通過点として、さらにその先にある 2020 年、100 周年となる 2036 年と、将来にわたって成長し続けるために、昨年に引き続き今年も非連続な改革に挑戦してまいります。