ローストビーフにウニが乗った極上の丼ぶりが素晴らしい…新春限定の肉フェスは見逃せないラインナップだぞ!

写真拡大

年が明けて、2016年。都内で最も早く開催される “肉フェス” 、それが、「新春『肉フェスマーケット』in新宿タカシマヤ」!

百貨店とのコラボならではな、豪華メニューが目白押し。1月4日(月)から1月11日(月・祝)までの期間、同店11階催会場に、肉フェスで4冠を制したチャンピオン「門崎熟成肉 格之進」を始めとする、垂涎の「肉」料理がずらりと並びます。

【世界各国の「肉」料理が集結!】

今回行われる肉フェスの注目ポイントは、出店する店舗の約半数が、「肉フェス初出店」であるという点。

2016年、肉フェスが「来る!」と狙いを定めている「ローストビーフ」をフィーチャーしたメニューに、熟成肉メニュー。そのほかイタリアン・フレンチ・スペイン・シンガポールなどなど、世界各国の肉料理が大集結するのだそうで、肉好きならば行かないという選択肢はないっ!

【どんなお店が出店するの?】

来年、新宿タカシマヤが開店20周年を迎えるにあたり、限定メニューも登場予定。それではここで、気になる出店店舗の顔ぶれを、ちょこっとだけご紹介することにいたしましょう。

・「門崎熟成肉 格之進」
肉フェスで4冠を制したチャンピオン。今回の肉フェスでは、独自の方法で肉の旨みを追求した熟成肉を提供。

・「銀座 牛超(ぎゅうちょう)」
脂の旨みが特徴の大田原牛を、真空調理で肉汁を逃さずローストビーフに。これにウニを乗せた(!)、超贅沢どんぶりが目玉。

・「IL GHIOTTONE(イルギオットーネ)」*初出店 / イタリアン
多くの食通をトリコにしてきた京都の名門イタリアンは、果たしてどんなメニューを提供してくれるのか。

・「Bistro Petit(ビストロ プティ)」*初出店 / フレンチ
牛・馬・イベリコ豚、以上3種のフィレ肉をトリュフソースでいだだくことができる、 “フレンチジビエ” 新春フィレ肉盛り合わせ弁当が登場。

・「ドゥエ コローリ」*初出店 / イタリアン
炭火で焼き上げた和牛ハラミ・ランプ・特上牛タンミックスに、濃厚フォアグラソースをたっぷりと。こんな豪華な丼ぶり、見たことない!

・「代官山 サル イ アモール」*初出店 / スペイン
イベリコ豚とポルチーニ茸をふんだんに使ったパエリアの上に、ホロホロ鳥のもも肉のコンフィを丸ごと1本。ワインと一緒にいただきたい1品。

このほかにもまだまだ、注目のお店がたっくさん! 年の初めにふさわしい超豪華な肉フェス、お腹もお財布も万全の状態にして、出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:Digital PR Platform、新宿タカシマヤ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る