ゲーム内に触れるデヴァイス・UnlimitedHandが「身体の境界線」を溶かし始めた

写真拡大

国内外から注目を集めている触感型ゲームコントローラー『UnlimitedHand』。ゲームの中の世界に触れるというデヴァイスを開発したのは、日本のスタートアップ「H2L」だ。彼らが描く未来には、人間の、身体というインターフェイスがなくなっていく世界があるという。ヴァーチャル空間に「触れる」ことは、ぼくたちの身体にとってどんな意味をもつのか。

「ゲーム内に触れるデヴァイス・UnlimitedHandが「身体の境界線」を溶かし始めた」の写真・リンク付きの記事はこちら

身体がゲームコントローラーになる

ぼくたちの視覚と聴覚はいま、ヴァーチャルリアリティ(VR)と多数の接点をもっている。

ヘッドマウントディスプレイの代名詞的存在となった「Oculus Rift」(オキュラス・リフト)、さらにはスマートフォンを搭載して使用するダンボール製のVRヴュワー、グーグルの「CARDBOARD」や「ハコスコ」など、手軽な“没入感”はいまや、ごくわずかな対価で手に入る。

しかしぼくたちの多くはまだ、VRに“触れる”体験をしていない。「触覚提示」は、ヴァーチャル体験のフロンティアであり、さまざまな実験的な試みが行われている分野だ。玉城らが開発した「Unlimitedhand」は、ゲームの中の出来事に、文字通り触れることのできるデヴァイスだ。

腕に装着してソフトウェアを走らせる。するとディスプレイには仮想化された自分の腕が現れ、現実世界と同様に動かすことができるようになる。ディスプレイの中のVRに鳥が現れる。手を差し出せば、その鳥は手の平に舞い降り、その足で着地する。そのとき、手にはしっかりとその鳥の重みを感じることができる。また、銃を手にし、そのトリガーを引けば反動が手に伝わる。VRでの発砲という出来事が、自分の身体に受けた影響として感じることができるのだ。

「体性感覚としての触覚には、指先などで物体の“つるつる”や“ざらざら”を感じる皮膚感覚と、運動や身体の位置を骨や筋肉を通して感じる深部感覚がある。Unlimitedhandは、後者の触覚を錯覚させ、VRにおける反動や重力などを体で感じることのできるコントローラーなのです」。そう話すのは、H2Lの代表取締役、岩崎健一郎だ。「最大の特徴は、入力と出力を同時に行えること」だと岩崎は話す。

心電図検査で使われるような粘着力のあるアタッチメントで装着する。ハードなプレイで手を動かしてもずれることはなさそうだ。

内蔵された加速度センサーとジャイロセンサーによってプレイヤーの腕の位置を、筋肉の特殊なシグナルを感知するセンサーによって手の“筋電位”を測定し、ゲームの世界に入力する。

そしてゲームの世界からは、映像と同時に身体へ電気刺激を与えることで情報が出力される。この電気刺激は指を動かす神経に直接与えられるため、あたかもプレイヤーは「目で見ているゲームの中の出来事によって、体が動いた」ように錯覚させられるというわけだ。

「触覚は進化的には古い感覚なので、視覚や聴覚に比べて錯覚を起こしにくい。そのため、映像と掛け合わせることで錯覚を生み出しています」と岩崎は話す。Unlimitedhandは、錯覚によってゲームの中の世界と身体を直接つなげることで、身体そのものをゲームに没入させてしまうデヴァイスだと言えるだろう。

Unlimitedhandは9月22日にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に発表後、22時間で2万ドルのゴールを達成し、11月21日には7万5千ドルの資金を集め終了した。

ゲームにおける触覚提示の市場規模について、同社はハードデヴァイスの市場(1,800億円相当、『ファミ通ゲーム白書2014』による)のうち、5分1にあたるコントローラ市場360億円を見込んでいる。しかしVR市場の伸びは著しいため、その可能性はまさに“Unlimited”であると言えるだろう。一般ユーザーへのリリースは2016年の夏頃を予定しているという。

“Internet of Body”へと差し伸べられた、最初の手

「Unlimitedhandは触覚提示における数年先の未来を形にしたもの」と玉城は語る。彼女らが描く100年後の未来は「人間がインターフェイスとしての身体を失っていく」というものだ。

玉城と岩崎は、東京大学大学院では同じ暦本純一研究室に所属し、ヒューマンコンピューターインタラクションをそれぞれに研究していた。そして12年にH2Lを設立する。

そもそもその前年、11年に最初のプロダクトにあたる、ユーザの手そのものに情報を提示するデヴァイス「PossessedHand」を発表するやいなや、2011年9月、『TIME』誌の「The 50 Best Inventions」に選出され、たちまち世界からの注目を集めるようになった。

PossessedHandは、腕に巻かれた14チャンネル28電極から、指の神経に直接電気刺激を与えて動かし、身体に“情報を提示する”デヴァイスだ。端的に言えば、身体を外部から電気刺激によってコントロールすることができる。

例えば音楽の楽譜のデータをもとに指に自動演奏をさせることも可能だ。ピアノや琴、サックスなどが、経験がなくても誰でも演奏できるようになる。現在はレーシングドライヴァーのハンドル操作の練習やリハビリテーションの学習支援などへの応用が検討されている。そしてこの技術をゲームコントローラーに応用したものが、Unlimitedhandなのだ。

「いまはゲームコントローラーですが、未来には多くの人々がこうしたデヴァイスを身につけることによって、それぞれの体を共有し、人間のインターフェイスがなくなっていくと考えています」と玉城は話す。

いまは手だけだが、このデヴァイスが身体を覆うことが可能になる未来、ぼくたちの体は「共有されるもの」になり、インターネット化すると玉城は予想する。つまりは「Internet of Body」の実現だ。

「視覚と聴覚と触覚が、ヴァーチャルリアリティと現実世界で同じように機能するようになると、次に人は、現実世界でお互いに繋がりたくなる。この先50年以内には、身体を貸し借りすることがビジネスになり、ライフスタイルが大きく変わる世界が訪れます。さらに身体を貸し借りするとき、脳はどのように整合性を保つのか、身体を借りられた側の意識はどのように保持されるのかなどの研究が進み、80〜100年後には人間における身体のインターフェイスは消滅し、人がいろんなものになって偏在してゆく世界が実現します。他の人になる人、ロボットになる人もいれば、他の動物になる人も現れるでしょう」

Unlimitedhandはその名の通り、人類にとって“際限なく広げることのできる”最初の身体になるのかもしれない。この手はいま、身体が境界線を失ってどこまでも広がる未来へと、ぼくたちの身体を溶かし始めたのだ。

岩崎 健一郎|KENICHIRO IWASAKI
H2L Inc.代表取締役。2008年東京大学理学部生物化学科卒業。IPA未踏(本体)開発者などを経て、2008年から2010年にかけ、東京大学大学院学際情報学府にて非言語情報伝達の研究に従事し修士号(学際情報学) 取得。卒業後、アクセンチュア株式会社、理化学研究所 脳科学総合研究センター テクニカルスタッフなどを経て2012年玉城絵美とともにH2L株式会社を設立。
玉城 絵美|EMI TAMAKI
H2L Inc.チーフリサーチャー。2008年IPA未踏ソフトウエア開発者、2009年学術振興会特別研究員、2010年米国にてDisney Research Pittsburgh勤務などを経て、2011年東京大学大学院総合文化研究科特任研究員、博士(学際情報学)取得。2012年、岩崎 健一郎とともにH2L株式会社設立。2013年より早稲田大学助教。

TAG

BodyDeviceInterviewStartupVirtual RealityWIRED JAPAN