交通事故の死者が15年ぶりに増加 高齢者の割合は?

ざっくり言うと

  • 2015年に起きた交通事故の死者が15年ぶりに増加したことが4日、分かった
  • 65歳以上の高齢者の割合は54.6%で1967年以降、最も高かった
  • 警察庁の担当者は「高齢化が進む中、事故を減らす努力を続けたい」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング