2015年実現したSF、2016年以降実現するSF

写真拡大

遺伝子操作やロボット兵士、合成生物学。米国における「戦場」業務への女性参加など、2015年に起きた変革から2016年に起きるであろう科学的な革新まで。サイエンスフィクションというジャンルが予言した、いまの世界情勢を一覧してみた。

「2015年実現したSF、2016年以降実現するSF」の写真・リンク付きの記事はこちら

いまだってポケットの中にコンピューターを持ち歩いている、すぐに自分専用ジェットパックだって買えるようになるだろう。遠くの世界にロボットを送り出す1兆ドル産業の宇宙機関の共同所有者にすでにして、なっている。

つまり、あなたは未来に生きている。

それは、誰も想像しえなかった未来だ(さまざまな意味で──ドナルド・トランプが大統領候補になるだなんて!)。しかし、SF小説や映画、漫画が描いてきた多くの発明・発見は、すでに実現されている。ここにいくつかの、現実がわたしたちの壮大な想像に追いついた、最も注目に値する例を挙げよう。

臓器は工場でつくられる

2003年、作家マーガレット・アトウッドは、生物工学的終末後の地球での生活を描いた、三部作小説をスタートさせた。

その作品『オリクスとクレイク』における敵役は人間性に他ならないのだが、この作品のなかで外見的に最も恐ろしい生き物は、遺伝子を組み換えられて知性をもつことになった豚である。〈ピグーン〉と呼ばれるこの生き物は、人間の臓器の複製を産みだすために改良されている。

もし、あなたがこの小説を読んでいれば、ヴァージニアの生物工学企業が、オリジナルのGM(Genetically Modified、遺伝子組み換え)豚、いうなれば臓器培養計画を進めていると知れば、間違いなく恐怖を覚えるだろう。同社CEOは、15年8月、『MIT Technology review』誌に対して「われわれは、工場の製造ラインから臓器をつくり出したい」と語っている

過去10年間で最も売れているSF小説のひとつ『ねじまき少女』〈パオロ バチガルピ著、田中一江、金子浩訳〉においても、遺伝子工学は大きな役割を果たしている。

気候が変化した未来のバンコクにおいて、化石燃料は厳しく管理されている。もし、工場を経営したいと望むのであれば、マストドンのDNAを組み入れられた、大きな象のような生き物を管理する〈メゴドント・ユニオン〉とうまくやってゆく必要がある。

15年、ハーヴァード大のジョージ・チャーチは、ウーリーマンモスの遺伝子を、アジアゾウのゲノムと結合させることに成功したと発表している(もちろん、マストドンとウーリーマンモスは異なる種だが)。

ロボットが戦う、女性も戦う

わたしのお気に入りSF映画のひとつに『スターシップ・トゥルーパーズ』がある。この映画は、主人公たちによる虫型エイリアンの侵略への反撃を通じて、スラッシャーフリックのユーモアと痛烈な社会的主張と掛け合わせている。主人公たちの何名かは女性で、彼女たちは前線で戦うのだが、15年12月、米国国防長官アシュトン・カーターは、米国がすべての戦闘において(女性に対して)門戸を開くという、ロバート・ハインラインのリヴァタリアン的見解を採用することを発表した

女性が戦闘を行うことに、大きな危惧を抱く人もいる。しかし、ロボットが戦闘を行うことの方がよっぽど恐ろしい。例えば、米海兵隊はグーグルの子会社ボストン・ダイナミクスス社が開発した〈スポット〉という犬のようなアンドロイドとの訓練を開始している。

そのどこが問題なのか? 忘れられがちであるが、00年の映画『レッド プラネット』を思い出してほしい。この映画では、主人公たちによるテラフォーミング調査をサポートするはずの軍用ロボットが誤動作した。予想通り、このロボット犬は損害が生じると、取り乱し、主人の方に向かうのである。

現代のフランケンシュタイン

わたしはロボットを恐れているが、ロボットをつくり出す人たちがマッドサイエンティストであると言うつもりはない。いや、その称号はセルジオ・カナベーロのような人のために取っておこう。

このイタリア人外科医は、早ければ2017年には、頭部移植手術を行うことを目標としている。この手術は、技術的には「全身」移植となりうる。倫理的に、これは正気の沙汰とは思えない。この理屈をどのSF小説に求めることができるかというと、もちろん、最初の1冊は、マリー・シェリーの『フランケンシュタイン』だ。

確かに、カナベーロ氏の方法は、ヴィクター・フォン・フランケンシュタインのものよりはやや科学的な基礎を有している。だが、切断された脊髄をうまく再結合するために幹細胞の浴槽を使う彼の計画がうまくいくかということはどうでもよい。それどころか、このことは、医療過誤の範囲において、まったく新しい考え方をもたらす可能性がある。

アシモフ、50年前の予言

アイザック・アシモフの先見性を証明するものとして、1964年に、彼は『ニューヨーク・タイムズ』誌に、50年後の世界博覧会がどのようになっているか想像したところを執筆した

アシモフの大きな間違いは、世界博覧会が14年に行われると考えたことだろう。だが、他の多くの彼の予言は、恐ろしいくらいに先見性を示すものだった。彼は、キューリグマシン、ルンバ、自律走行車を予見していたのである。実際のところ、これらは科学の足跡を見ている者であれば、誰にとっても明らかではある。彼の文章において真に輝いているのは、酵母菌と藻類からつくられた七面鳥とステーキである。実際のところ、ペトリ皿培養のハンバーガーがつくられるまでには、あと数年かかりそうだ。

しかし、合成生物学を行っている科学者はすでに、あなたの好きな食べ物に対して、主だった風味の多くを再現できるようになっている。アイザックよ、安心してもくれ。わたしたちは、あなたのウイッシュリストからは少し遅れているが、着実に進歩し続けている。

関連記事米NICが予言する「2030年の世界」:サイボーグ、バイオプリンティング…

TAG

2015Sci-fiScienceSynthetic BiologyWIRED US