生理前になると理由もなくイライラするという女性は多いのではないでしょうか。これは、年齢とともに女性ホルモンの分泌が減って、特に生理前になるとそのバランスが崩れてしまうため。ツラい症状を緩和するには、女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンを摂るのが効果的です。しかし飲むタイミングによっては、ニキビが増えることがあったり、逆に痩せたりすることもあるので今年は飲み方を意識してみてはいかがでしょか?

イライラを防ぐには“大豆イソフラボン”が効果的!

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。エストロゲンが高い状態では、心身の安定を保つことができます。一方、エストロゲンが減ってプロゲステロンが優位の状態ではイライラしがちになりますが、プロゲステロンには血行を促進させる作用もあるので、お肌は艶やかになります。大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするので、女性特有のイライラの緩和には効果的。納豆や豆腐などの大豆製品や豆乳を積極的に食べることで、減ってしまったエストロゲンの働きを補うことができます。

“大豆イソフラボン”だけでなく“大豆レシチン”を一緒に摂る

イライラの緩和には大豆イソフラボンだけでなく、大豆レシチンも一緒に摂ると一層効果的です。大豆イソフラボンは女性ホルモンに代わる働きがあります。女性ホルモンは卵巣で作られますが、その指令を出すのは脳なのです。大豆レシチンには、エストロゲンに似た働きに加えて、肝機能を高めて神経伝達物質の生成を助ける働きがあるのです。もちろん、大豆製品にはイソフラボンもレシチンも含まれています。

いつ摂取するのが効果的? 取り過ぎは副作用も!

生理前はイライラしたりニキビができやすくなったりしますが、これはエストロゲンが減ってしまったため。生理が終わると、ニキビも治ってお肌にツヤが戻ってきませんか? この時期はエストロゲンの分泌も多いのが理由ですが、エストロゲンは排卵日が過ぎると急激に減ってしいます。排卵日から生理が終わるまでいかにエストロゲンを減らさないようにするかが大切なのです。大豆製品の摂取を習慣にするのはいいのですが、豆乳で大豆イソフラボンや大豆レシチンを補うときは、いくらでも飲めて過剰摂取になりやすいのです。排卵日を過ぎるとプロゲステロンの分泌が優位になり、ニキビができやすくなるように、過剰に摂取するとお肌の荒れやアレルギー症状が出てしまうことがあります。イライラの緩和が目的なら、排卵日から生理が終わるまでの間に多めに摂るようにしましょう。


writer:岩田かほり