麻薬犯罪一掃を訴えていたメキシコの新市長、就任翌日に暗殺される

ざっくり言うと

  • メキシコのテミスコ市の新市長が、就任翌日に自宅を襲撃され死亡した
  • 同市は麻薬取引などが深刻な問題となっており、市長はその一掃を訴えていた
  • 1日に就任宣誓を行ったが、24時間も経たないうちに銃弾に倒れた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング